2013年に絶対英語を身につける【関与の法則】とは?

今日は年初ということで、とてもためになるお話を皆さんにシェアさせて頂きたいと思います。最後までしっかりと読んで頂けましたら嬉しいです^^

このメルマガを読まれているあなたであれば、その願望はおそらく「英語を話せるようになること」とか「英語を聴き取れるようになること」とか、「TOEICでスコアアップしたい」とか、そういうことが多いと思います。

で、そんな願望・目標を達成すべく日夜、奮闘努力されていることかと思いますが、なかなか思うように英語力が身につかないというのが正直なところではないでしょうか。

実際、一年前のお正月に設定した年間目標を見事達成出来た!という人はおそらく一握りの方々だと思います。しかし実は、その他大勢の方にぜひ知って頂きたい簡単な「願望実現の法則」があるのです。

それが【関与の法則】というもの。おそらく聞いたことはないと思いますが、この法則はシンプルながら恐ろしくパワフルな目標達成・願望実現の力を持っています。

簡単に言えば、人間は自分が関与している物や人、環境に最も影響を受けるため、今の自分自身はこれまでに自分が関与してきたものによる結果そのものである…という法則です。

例えば、絵描きになりたいと思う人がどうすれば絵描きになれるか?と言うと、「絵描き」にまつわる全ての物や人、環境にとにかく「関与」し続けることが最善かつ最短のアプローチであるということです。そういう意味では、他に何か特別なことをする必要はないのです。

ただ単に「関与」し続けるだけで、苦しい思いをすることもなく、最も自然な形で自分の願望や目標を達成することが出来るというわけですね。これを英語の習得に落とし込んでみると、色々と発見があるのではないでしょうか。

例えば英語の習得において「物」に関与するとすれば…最近何かと話題の kindle を手に入れて洋書の電子書籍を片っ端から読む…なんていうのも良い関わり方ですね。

特に最近はスマホをはじめとして、最新の英語習得ツールが目白押しでリリースされていますから、こういうものを積極的に取り入れ、英語習得に関与すると良いのです。オンライン英会話なども良いですね。

また、「人」との関与も大切です。特に英語(英会話)というのは相手があってのコミュニケーションですから、今年は家で机に向かうだけでなく、積極的に外に出て【英語を実際に話す機会】すなわち…【英会話実践の機会】を設けるようにして下さい。

そして「環境」ですね。留学や海外での生活出来れば最高ですが、日本にいても英語学習の環境を整えることは可能です。中でも重要なことは毎日「英語と関与すること」

週末だけ、休みの日だけ…でも勿論、やらないよりはマシですが、やはり英語に出来る限り毎日触れた方が上達は早いです。そのような必然的な「英語との関与」が習慣化すると、本人が苦しいとか辛いとか感じる前に勝手に英語力というのは身についてくるものなのです。

それが、この「関与の法則」のすごいところですね。もしあなたが、今年2013年こそググーッと英語力を身につけて、春になる前にある程度の結果を出したいと本気で思われているのであれば…ぜひ英語と【関与】し続けて下さい^^

え、その方法がわからないって?^^ それならば、何も言わずに私のメール講座に参加してみて下さい。毎日10分から、十分に英語に【関与】することが出来るようになります。それも極めて自然な形で…

今なら先着13名様のみ、半額で半年間受講が可能です!さらに私の教本シリーズ3セットの電子書籍をお年玉特典としてプレゼントしています。今すぐお申込下さいネ!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemaster2013cmp/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ