今年、英語を話せるようになった人の共通点とは?

何だかかんだ言って、今年も残すところ僅かとなりました。

毎年言っていることですが、今年のお正月頃には「今年こそ絶対に英語を話せるようになるぞ!!」なんて意気込んでも、大半の人はその目標を達成させることなくこの時期に辿り着きます。

まぁ、そもそも英語だけでなく、ダイエットでも、禁煙でも、なかなか意志をもって成功させることは難しいものですね。私も結局ダイエットの目標を達成出来ませんでした(←ダメぢゃん)^^;

しかし、そんな中でも僅かではありますが、しっかりと初心を貫き、目標を達成される方がいらっしゃいます。特に、今年は私の個人トレーナー・プログラムでかなりの人数の方から英語を自由に話せるようになったり、聴き取れるようになった…という報告を頂きました。

では、大多数の日本人が英語の習得がうまくいかずにこの時期に来て「自己嫌悪」を感じられたり、中には逆切れして「もう英語なんかやめてやる!」という感じに自暴自棄になられているにも関わらず、一部の人はしっかりと、着実に英語力を身につけ、実際に「バイリンガル」へと変身出来るのでしょうか?

そこには三つのキーワードがあると思います。一つは「行動力」、もう一つは「前向きな姿勢」、そして最後が「習慣化」です。

「行動力」というのは言うまでもなく、何か考えやアイデアを得られたらすぐに行動に移せる力のことです私の個人トレーナー・プログラムにおいて今年実際に英語を身につけられた方のほとんどが、この「行動力」に長けていました。とにかく皆さん行動が早いのです。

「英語を話せるようになりたい!」と思ったら、「でも無理かなぁ」とか「今はその時期じゃない」等々の足踏みをすることなく、すぐにバッと飛びつきます^^ もう、獲物を見つけた肉食獣のように、ガッと動く。そこでヌボ~っと考え事なんかしないのです。

確かにそれで失敗することもあるでしょう。しかし、行動力のある人は、そんな失敗を失敗とも思わないのです。それが、二番目の「前向きな姿勢」ですね。

英語を身につける過程では、失敗なんて本当にたくさんあります。というか、99%は失敗と言えます。恥ずかしいことや、落ち込むことだって何度もあります。

しかし、そんな時に英語を身につけることに成功した人は失敗を失敗とも思わず、笑いながら前進し続けられるのです。それが「前向きな姿勢」ですね。何があっても、「大丈夫!」「デキル!」「やれる!」「成功する!」というスタンスでガンガン前進するというわけです。「失敗?何それ、関係なーい^^」と笑って突っ走ることが出来るのです。

そして最後が「習慣化」ですね。これはもう、英語の学習は一つの川の流れのようなものと言えます。確かに初めはなかなかうまく流れに乗れないかも知れません。しかし、一度流れに乗ると…取り立てて苦労もせずに、トントン拍子で英語力が身についてくるものです。

この「流れ」「勢い」に乗れた時が一番楽しいです。なぜなら、英語も話せるように、聴き取れるようになるのを実感できるからです。いわば、苦労が実る瞬間という感じですね。無理をしなくても、惰性で前に進める。それが「習慣化」ということです。

今年も終わりになりますが、あなたの一年間は如何でしたか?残り2週間、学習の成果を反省し、来年の目標設定に役立てましょう^^

 

■ ラインマスター毎日英語塾(12/17)タレコミ情報 ■

今日は月曜日ということで英文法の解説として「名詞」についてお話しました。明日は大人気のリスニング・トレーニングの日です。

あなたも今すぐ参加しませんか?今なら期間限定で、新規お申込み頂いた方に渡邊の教本類をプレゼント中! 何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ