目標によって必要な英語力は変わります

「英語を話せるようになりたいんです」という人は多いですが、キチンとした目標設定を行っている人はとても少ないです。

ほとんどの人は、「私も英語話せるようになりたいな~」「英語話せれば海外旅行も楽しいだろうし、カッコいいから…」「今の時代、英語【ぐらい】話せるようにならないと!」 …なんて感じで、漠然と英語の勉強を始められます。

確かにそれでも英語を話せるようになるかも知れませんが、先に目標をしっかりと設定し、必要な英語力を認識しておくと不要な勉強にまで手を出さずに済み、より効率的に英語力を身につけることが出来るようになります。

まず、あなたが単に「日常英会話」を話せるようになりたいとお考えの場合は、語彙や英文法については本当に基本的な部分だけを押さえたら、後は詳しく勉強する必要はないです。

それよりは、実際の「英会話の機会」をとにかく増やし、実践の回数、すなわち「場数」を踏むようにしましょう。その体験的なプロセスの繰り返しによって、英会話に必要な英語力を「体得」出来るようになります。

特に「日常英会話」を目的としているのに、難しい単語や文法にハマってしまう人が多いです。そういうものが大好きというのなら構いませんが、そうでなければなるべく関わらないように(ハマらないように)気をつけましょう。

一転して、あなたが TOEIC や英検といった「受験英語」を目的としているのであれば、ちょっと本腰を入れて英文法を勉強した方が良いです。その場合は、日本の文法書よりも海外の文法書(参考書・問題集)を使って勉強すると、より適切に理解出来るはずです(和洋併用してもOKです)。

また、語彙についても英会話目的とは異なり、それぞれの試験の方向性に合わせたボキャブラリー構築を徹底して下さい。実を言うと、受験英語の鍵は「語彙力」なのです。これは機械的な暗記でも構いませんので数を覚えましょう。いずれの場合でもリスニング力の集中的なトレーニングが有効なのは言うまでもありません。

最後に「ビジネス英会話」を目的とされている場合は、日常英会話+受験英語的なアプローチが効果的です。つまり、日常英会話のような実践重視のトレーニングに受験英語的な専門用語(語彙)と、より正確な文法力が合わさって、ビジネスでも恥ずかしくない大人の会話が出来るようになるということです。

このように、英語力を身につけると決心した際はあなたの目標がどこにあるのかを明確に定め、その方向性で必要な英語力を見極め、効率的に身につけると良いのです。ぜひ参考にして下さい^^

 

■ ラインマスター毎日英語塾(11/27)タレコミ情報 ■

今日は火曜日ということでリスニング・トレーニングとしてWHO KNEW? から世界のダイエットに関する音声動画を聴き取る練習をしてみました。明日はTOEIC(R)講座をお送りする予定です^^

あなたも今すぐ参加しませんか?今なら期間限定で、新規お申込み頂いた方に渡邊の教本類をプレゼント中! 何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ