英語を身につけるなら人を巻き込むと良いです

日本で英語を身につけようとしている方の多くは「独学」で勉強されていますね。もちろん、中には英会話スクールに通われている方もいらっしゃると思いますが、基本的には一人で勉強されている方がほとんどなのではないでしょうか。

まぁ、そもそも「勉強」というのは机に向かって一人で黙々と続けるものですから、それは仕方がないのですが、本気で英語を身につけたいと思われているのなら、もっと人と会い、人と関与して、人を「巻き込む」と良いのです。

「巻き込む」なんて言い方は少しイヤな表現ですが、要するに、ただ一人で黙々と英語の勉強を続けるよりは、より多くの人と関わり、その中に身を置くと良いということです。

そういう意味では、「人を巻き込む」というよりは、自分が「巻き込まれる」というイメージでしょうか^^

具体的には、実際に英会話スクール・教室に通ったり、そこで知り合った人達と更に英会話の場を求めてイベントに参加してみたり、外国人が多い場所へ行ってみたり等々、実際の(リアルの)英語に触れる機会積極的に増やすということです。

また、自分が英語を学んでいることを周囲に公言したり、テストの目標スコアを宣言したりするのも効果的です。英語に興味がある友人などと一緒に勉強したり、実際に海外へ行ってみたり、目標を設定し合ったりするのも良いですね。

このように、たった一人で独学で勉強するのではなく英語の習得において他人と多く関わることで、一つの「勢い」が生まれます。それは、ちょうどたくさんの歯車が噛み合って回り出すようなもので、一度そんな歯車たちが回り始めると、今度は自分が止めようと思っても止まらなくなります。

独学でやっていると、どうしても勉強などはサボりがちになってしまいますね。回っている歯車が一つしかないとその歯車が止まったらオシマイになってしまいます。

しかし、たくさんの歯車がガッチリ噛み合っていると、やる気が低下して回転を止めようと思っても、他の歯車が回り続けていると、ちょっとやそっとのことでは止まらなくなる(止められなくなる)ということです。

このような「勢い」は英語の習得においてはとても大切で、故に、なるべく多くの人と関わることが重要というわけです^^ また、わからないことがあったり、困ったことがあった時にも他に人がいれば相談に乗ってもらうということも出来ますから、色々と心強いですしね。

ぜひ、参考にしてみて下さい!

■ ラインマスター毎日英語塾(11/26)タレコミ情報 ■

今日は月曜日でしたので、英文法の解説として「述語動詞」と「準動詞」について詳しい解説をお送りしました。明日は大人気のリスニング・トレーニングの日です^^

あなたも今すぐ参加しませんか?今なら新規お申込み頂いた方に渡邊の教本類をプレゼント中! 何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語習得のコツ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ