英語習得でイヤな思い、辛い思いをする必要はありません

英語の勉強やトレーニングでイヤな思いや辛い思いをされている方って結構たくさんいらっしゃいます。中には、半分「拷問」でも受けているかのように、絶望的な顔をしながら単語を覚えたり、リスニングの練習を続けられたりしている方もいらっしゃいます。

しかし、一方で楽しく、げらげら笑いながらコメディ映画でリスニング練習したり、寝る間も惜しんで海外ドラマを鑑賞しながら抜群の英語の発音をサラッと身に付けてしまう人もたくさんいます。

いつも言っていることではありますが、両者の大きな違いは「楽しんでいるか、楽しんでいないか」ということ。一言で書いてしまえば、大した違いには感じませんが、実はこれが一番大切なことなんです。

これは英語だけに限らず、世の中のどんなことにも通じる原則です。仕事だって、楽しんでやれる人はどんどん結果を出しますね。あ~ヤダヤダ…と眉間に皺を寄せながら、不平不満ばかり口にして仕事している人が出世したという話はあまり聞いたことがないでしょう。

他にも、楽しんでやれることというのは、傍から見て辛く大変そうなことに見えたとしても、本人からすればそれはちっとも大変なことではなく、むしろ楽しくて仕方がないことなんですね。

例えば、マラソン選手。ゴール間際の選手を見ると苦痛で死にそうな顔をしている人がいますが、あれだって、好きだからやってるんです。

まぁ、マラソンの場合は苦痛を超えるとエンドルフィンが分泌されて「ランナーズ・ハイ」という快感状態になる…という説もありますが、いずれにしてもマラソン選手はマラソンが楽しいから走り続けることが出来るわけですね。

英語の勉強やトレーニングが楽しくない、嫌だ、苦痛だ…と感じる人は、一度自分の方向性を確認してみましょう。そして、どうすれば楽しく英語の習得を続けられるか、考えてみて下さい。工夫してみるのです。

英語の勉強に「遊び」の要素を入れてみるとか、TOEICの問題演習もゲームのように考えてみるとか、自分の趣味を英語で調べてみるとか、とにかく方法はいくらでもあります。

別に英語の習得が「辛い修行」「大変な勉強」である必要はないのです。辛い修行を続けていればいつかきっと…なんて前時代的な精神論は百害あって一利無しです^^;

とにかく「楽しみながら」続けることが出来れば最高ですね^^

 

■ ラインマスター毎日英語塾(11/19)タレコミ情報 ■

今日は月曜日ということで英文法の解説として、自動詞と他動詞の違いと注意点について、基本に立ち返り再確認してみました。明日は大人気のリスニング講座をお送り致します^^

あなたも今すぐ参加しませんか?今なら新規お申込み頂いた方に渡邊の教本類をプレゼント中! 何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月19日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語習得のコツ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ