英語力の上達を時間軸で分析していますか?

英語の勉強を続けていると、どんな人でも「お、随分上達したな」とか「あ、聴き取れるみたい」と感じる時がきます。これを感じない人は負荷が足りないか途中で諦めてしまっているということですね。

で、そんな嬉しい瞬間ですが、「あ、英語話せるようになってる」「聴き取れる!」と、ただ単に喜ぶだけで終わりにしないで下さい。

人によっては、そこで「もう十分勉強した」と安心して、英語の勉強・トレーニングの手を緩めてしまう人がいますが【勝って兜の緒を締めよ】です。

特に、結果が達成できたとか、トレーニングの効果が実感出来た…と感じた時には、ただ喜ぶだけでなく、一体何が功を奏したのか、原因を分析すると良いのです。

例えば TOEIC でスコアアップしたとします。通常なら、「やったー!スコアアップした!」と大喜びしてビールでも飲んでパーッと祝賀会をやりたくなったりするかも知れません^^ 或いは、もう勉強はいいや!と問題集や参考書を閉じてしまうかも知れませんね。

=========================================

■ 1日10分で十分な英語力を!ラインマスター毎日英語塾

今なら新規お申込み頂いた方にスペシャル教本類をプレゼント!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

=========================================

しかしここで【勝って兜の緒を締めよ】です。

そんな時はなぜ良い結果を出せたのか、時間軸に照らし合わせ、自分がやったことで効果があったと考えられることを分析してみましょう。そして、まだ伸ばせる可能性がある点や、克服していない弱点があれば、今後はそこに注力するようにして下さい。

もちろん、これは結果を達成出来たり、効果を実感出来たりといった「嬉しい時」だけに限りません。良い結果が出なければ、そこで落ち込むのではなく、なぜ結果が出なかったのか、これも時間軸と照らし合わせて、これまでにやってきた勉強やトレーニングに問題はなかったか、改めて徹底的に分析し、改善すべきところはすぐに改善しましょう。

英語力を身に付けられる人は、このように「一喜一憂」するだけでなく、必ず要所要所で、振り返りを行うことが出来ます。そして、伸ばせる所はさらに伸ばし、欠点・弱点は早急に補うことで最短距離で最高の結果を達成出来るのです。

引き続き頑張りましょう!^^

 

■ ラインマスター毎日英語塾(11/14)タレコミ情報 ■

今日は水曜日でしたので TOEIC(R)テスト対策としてパート6の例題を解いてみました。明日はリーディングですので、海外の英文記事を読んでみたいと思っています。

あなたも今すぐ参加しませんか?今なら新規お申込み頂いた方に渡邊の教本類をプレゼント中! 何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月14日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語習得のコツ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ