「音」から入る英会話習得法とは?

幼児が言葉を覚えるような「音」から入る言葉の覚え方は、一番「理にかなった」言語習得法と言えます。英語でも、文法や教科書的知識ではなく聞えたままの音そのまま丸覚えして口に出してみることが最も簡単な有効な覚え方と言えますね。

しかし、誰もがそういうことを頭では理解しながら、実際の英会話習得では、昔ながらの勉強法を飽くことなく続けられています。口語ではほとんど使われないような難しい単語を覚えたり、大学受験で出るような英文法の知識を詰め込み続けているのです。

例えば、英会話の挨拶で How’ve you been?「どうしてた?」「元気だった?」という定番の表現(ライン)があります。音的には「ハゥヴュビーン?」という感じですが、こんなのはまさに「ハゥヴュビーン?」の音=「どうしてた?」で丸ごと覚えてしまうと良いんですね。

しかし、多くの日本人はこれを How have you been? と厳密に分析し、you have been で「現在完了形」だから過去から現在までのを含めた時制で、それに How がついて疑問形になって、意味はエート…と、非常に面倒臭い解釈をしがちです。

もちろん、それが間違っているというわけではありません。もしあなたが英文法が大好きで、そういう細かいことを考えるのが趣味というのであれば、まったく問題のない話です。

=========================================

■ 1日10分で十分な英語力を!ラインマスター毎日英語塾

今なら新規お申込み頂いた方にスペシャル教本類をプレゼント!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

=========================================

ただ、もしあなたが英会話の初心者で、なるべく早く、効果的に英会話力を身につけて、英語を自由に、楽しく話せるようになりたい!とお考えなのであれば、そんな七面倒臭い解釈・分析は横に置いておき、「ハゥヴュビーン?」の音=「どうしてた?」という感じで丸ごと覚えてしまった方が良いのです。

そこで、何も面倒臭い、難しい文法的な解釈も、分析も必要ありません。ただあなたがすべきことは、その表現(ライン)のまま、丸ごと「音」で覚えてしまい、それを使う時も丸ごと口から出せば良いだけの話なのです。

そう言えば、私の後輩で no problem を no program だと思い込み続けていた子がいました。英会話の時、よく彼が「ノープロブレム」のつもりで「ノープログラム」と連呼していましたが、普通にアメリカ人に通じていましたね^^

彼は no program を no problem「問題ない」の意味で使っていたのです。それでも通じていたのです。英会話の場合、初めはそんな感じで全く問題ないんです。それよりも、文法の間違いを心配したり、発音がおかしいのではないかと不安になったりして、結局、声が小さくなったり、何も話せなくなったりする方が影響が大きいです。

初めは何も恐れずに、まずは聞こえたままの英語の音をそのまま真似て(スペル等細かいことは気にせず)、丸ごと覚えて下さい。細かいことは後から修正すれば良いだけです。楽しみながら英語を身につけましょう!

 

■ ラインマスター毎日英語塾(11/13)タレコミ情報 ■

今日は火曜日ということで、リスニング・トレーニングとしてVOA Special English からオバマ大統領再選の音声に挑戦してみました。明日は TOEIC(R)テスト対策をお送りします。

あなたも今すぐ参加しませんか?今なら新規お申込み頂いた方に渡邊の教本類をプレゼント中! 何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月13日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ