「点」は辛いですが、必ず「線」になる時がきます

「点と線」と聞いて、かの推理小説家・松本清張氏の名を思い浮かべた方は私と同じ「昭和枯れススキ世代」ですね^^;

最近の人は、間違いなくスティーブ・ジョブズ氏のスタンフォード大での伝説のスピーチを思い浮かべるでしょう:

http://www.youtube.com/watch?v=UF8uR6Z6KLc

この有名なスピーチの中で、ジョブズ氏は…「未来を見て、点を結ぶことはできない。過去を振り返って点を結ぶだけだ。だから、いつかどうにかして点は結ばれると信じなければならない」ということを言いました。

これだけでは意味がわかりませんので、少し補足しますと「今、自分がやっていることが果たして意味のあることなのか、どうみても回り道をしているような焦燥感に駆られる時もあるが、その時、その時を一所懸命に頑張り、徹底的に追求すること点と点がつながって線となり、後から振り返ると、きちんと形になっていることに気付く…」ということです。

=========================================

■ 1日10分で十分な英語力を!ラインマスター毎日英語塾

今なら新規お申込み頂いた方にスペシャル教本類をプレゼント!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

=========================================

これは、まだ若く、まさに今「点」を一所懸命集めている最中という人からすれば、なかなか理解することが難しいことかも知れません。しかし、ある程度の年齢になると、これが【真実】であることに気付かされます。

その時は今やっていることが正しいことなのか、効果があるのか、本当に変化がもたらされるのか、疑問に感じることがあります。特に、なかなか結果が出ないと人は疑心暗鬼になるのです。

しかし、ジョブズ氏が言う通り、一つ一つの挑戦は「点」であり、それは後になってからでないと「線」として形を結ぶことはありません。だから、「点」の時が一番辛いのです。それは先日お話した、登山途中の山の中のようなものです。自分がどこにいるかさえわからない辛さといったら無いですね。

それだけでなく、自分が遠回りしているのではないか?無駄なことをしているのではないか?という不安感、焦燥感に駆られることもあります。こうなると、心が弱い人は、そこで諦めてしまいます。

当然ながら、途中で諦めれば「点」が「線」となることはなく形が出来上がることもありません。重要なことはジョブズ氏の言葉通り、「未来を見て、点を結ぶことはできない。過去を振り返って点を結ぶだけだ。だから、いつかどうにかし点は結ばれると信じなければならない」ということです。

英語の習得も、道中は不安と焦り、疑心暗鬼の念で一杯です。しかし、自分がやっていることを信じ、続けられる人は必ず点を結ぶことが出来るはずです。今は辛いかも知れませんが、ぜひ頑張り続けましょう!^^

 

■ ラインマスター毎日英語塾(11/12)タレコミ情報 ■

今日は月曜でしたので、英文法の解説として「比較表現」について as … as ~の形を詳しく勉強しました。明日は大人気のリスニング講座をお送りする予定です^^

あなたも今すぐ参加しませんか?今なら新規お申込み頂いた方に渡邊の教本類をプレゼント中! 何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ