非効率の効率:理想的な英単語の覚え方教えます

私のメルマガ・ブログを読まれている方であれば、英語習得の三原則はおわかりですね。すなわち、「短期集中」「高負荷」「効率化」の三つです。

で、いつも私は「効率化」「効率化」と叫んでいるわけですが、こと「ボキャブラリー」については、敢えて「非効率な覚え方」を推奨しています。

一般にボキャブラリー増強、つまり英単語を覚える時には、単語集などを使って、一単語ずつ隠しながら訳や発音記号等を暗記しますよね。

もちろん、本当に基本的なボキャブラリーであったり、TOEIC や 英検、その他の英語の試験対策の一環として単語を集中的に覚える必要がある時はそれでも構いません。

しかし、本当の意味での英語のボキャブラリーを強化したいと思われるなら、一見「非効率」に感じる単語の覚え方を実践してみると良いのです。

例えば、単語を覚える時に自分で例文を作って、その例文と一緒に単語を覚えるという方法があります。こんな手のかかることをやっていたら、それこそ日が暮れてしまいそうですが、しかし記憶の定着率で言うと、例文で覚えた単語の方が長期間覚えていられるのです。

=========================================

■ 1日10分で十分な英語力を!ラインマスター毎日英語塾

今なら新規お申込み頂いた方にスペシャル教本類をプレゼント!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

=========================================

一夜漬けのような瞬発力はありませんが、持続力が長いのです。従って、このような英単語の覚え方は目的に合わせて変えてみると良いです。

試験対策で割り切るならば、従来通り瞬発力のある暗記を、生涯使える英語のボキャブラリーを拡充したいのえあれば、多読トレーニングなどを通して知り得た単語を吟味し、それぞれ例文ごと覚えるといった「非効率」なやり方が効果的です。

なお、多読トレーニングなどで、わからない単語が多数ある場合、全てを覚えようとしても難しいという場合は、以下の基準で覚えるべき英単語を選定して下さい:

1.他の英文でもちょくちょく見かける英単語

2.他ではまず見かけない特殊な専門用語

まずあなたが覚えるべき英単語は1の「ちょくちょく見かける英単語」です。こういった単語は頻出というのもありますが、多くの場合は英会話等でも使われる重要単語である可能性が高いです。

一方、2「まず見かけない特殊な専門用語」はせっかく覚えても次に見かける確率が低いため、覚える労力の割に使えないことが多いです。そういう英単語は後回しにすると良いでしょう^^

 

■ ラインマスター毎日英語塾(11/8)タレコミ情報 ■

今日は木曜日ということで、リーディングのトレーニングをお送りしました。明日はライティング講座ですので、実際のラインの書き方実践をお送りする予定です。

あなたも今すぐ参加しませんか?今なら新規お申込み頂いた方に渡邊の教本類をプレゼント中! 何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ