英語の勉強を効率化・最適化するならコレを忘れないで

英語の勉強が得意な人、不得意な人がいると思いますが、結局、得意な人というのは非常に効率的に英語の勉強を進めているんですね。

効率化・最適化された勉強だから、足取りも軽やか、きれいに舗装された道を気持ち良くスキップするようにスマートに進みます^^

一方で、不得意な人というのは効率化とは程遠く、まるで「ぬかるみ」に足を取られたような感じでダラダラと勉強を続けています^^;

やらなければいけないことはたくさんあるのに、何だか遠回り、空回りばかりしている感じですね。だから、途中でイヤになってしまう…というわけです。

では、なぜこのような違いが生まれてしまうのでしょうか?それは、要するに英語の勉強が得意な人というのは自分がやるべきこと(やるべき勉強・トレーニング内容)がよくわかっているのです。

なぜなら、英語の勉強が得意な人というのは、英語の勉強やトレーニングを開始する前に綿密な「分析」を行っているからです。要するに、自分の英語の弱点・補強すべき点を徹底的に分析し、洗い出した上で初めて勉強やトレーニングを開始するわけですね。

だから、無駄な勉強やトレーニングに時間を取られることがなくなり、結果として足取り軽やかになるというわけです^^

======================================

■ 1日10分で十分な英語力を!ラインマスター毎日英語塾

今なら新規お申込み頂いた方にスペシャル教本類を無料プレゼント!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

======================================

考えてみれば、これは英語の勉強だけに限ったことではありません。例えば、あなたが海外旅行へ出かけるとしたら…本屋さんへ行ってガイドブックを買いますよね。

ネットでも構いませんが、これから行く旅先のことを徹底的に調べるはずです。どこのお店に行こう…、どんな名所を尋ねてみよう…、どんなものを食べて、どんなものを買おうか…ワクワクしながら考えますよね^^

はい、それが「分析」です。分析って、本来はワクワクして楽しいものなんです。英語の勉強でも、これから本腰入れて勉強してみよう…という前に、今一度自分の英語力を調べてみて下さい。

例えば、TOEIC(R)テストの対策であれば、公式問題集を解き、答え合わせをして、自分の弱点を調べましょう。自分は一体何が弱いのか?語彙不足か、リスニング力か、文法力か…、さらに文法なら、何が弱いのか、品詞か、時制か…等々細かく分析してみる。

既に知っていることは何度も勉強する必要はありません。要は、あなたの英語力の「穴」を塞げばいいのです。どこを補強する必要があるのか。どこに穴があるのか?そこを塞ぐだけでいいんです。

そのためにすべきことが「分析」ですね。これが出来る人は、その後の勉強も軽やかです。

ぜひ、参考にしてみて下さい^^

■ ラインマスター毎日英語塾(11/5)タレコミ情報 ■

今日は月曜日ということで英文法の勉強方法について詳しい解説をお送りしました。明日は大人気のリスニングトレーニングをお送りします。

あなたも今すぐ参加しませんか?今なら新規お申込み頂いた方にスペシャル教本をプレゼント中! 何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ