溢れる情報に溺れないために

前回の英会話マニュアルを書いた時にも痛感したのですが、日本という国は
英語学習に関する膨大な量の情報が溢れかえっていますね。

参考資料にいろいろと英語本や英会話本を読み漁っているのですが、とにかく
その量と言ったらものすごい数です。

大型書店に行けば英語本コーナーに所狭しと積み上げられている英語関連書籍
の数々…。

留学、TOEFL、TOEIC、英検、英会話、英文法、英作文、ボキャブラリー…。
これだけ豊富に出版されているのであれば、英語学習に不足はなさそうです。

しかし、現実には未だにマトモに英語を話せる人って少ないでしょう?

多分、ここまで英語学習に関する書籍が豊富に出版されている国って日本くらい
なのではないでしょうか。

それでも、まだ英語を話せる人は少ない…。

うーん…何故?って思ってしまいます。

で、今回わかったのは、やはり情報の量が多すぎるのではないか、ということ。

みんな英語の情報の波に押されて、溺れかけているのではないでしょうか。

確かに、一つ一つの本にはとてもためになることが書いてあります。

こんなのを適当に何冊か買ってきて、真剣に取り組めば絶対に英語なんか
短期間にマスターできてしまうと思います。

でも、違うんですね。

一つ一つには、とてもためになることが書いてあるのですが、色んな人が
色んな切り口から英語学習論を説いているので、矛盾が生じているのです。

例えばある本では「英語をマスターしたかったら英文法を捨てろ」と書いて
ある。

一方である本では「英語をマスターしたかったら英文法をしっかり勉強しろ」
と書いてある。

そんな矛盾がいっぱい転がっているんです。

つまり、これが情報の氾濫による弊害で、一つ一つの本が言っていることは
正しいし、本当に役に立つことばかり書かれているのですが、読み手としては
色んな本が色んなことを主張しているので、もうワケが分からなくなって
しまうんですね。

一体何が本当なのか? 一体何を信じれば良いのか? 
これが分からなくなってしまっているんです。
迷ったら私の新しい英会話マニュアル読んでみて下さい。
英語習得に関するいろいろな疑問が一気に解決するはずです(^^)

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ