カッコいい「英語を話せる日本人」になるために

英語と関わるようになってから20年以上経ちます。これまでに英語を話せるようになった、たくさんの日本人と出会いましたが、どうやら大きく分けて2種類の「バイリンガル日本人」がいるようです。

一つは「カッコいい英語を話せる日本人」…もう一つは「英語を話せても何だかカッコ悪い日本人」です。

カッコいい英語を話せる日本人というのは、発音が上手という絶対条件もありますが、それだけでなく、ちょっと崩れた英語を使うとか、ネイティブが実際に使っている表現を好むとか、そういう傾向がありますね。

いわゆる口語のスラングとか、少し汚い表現、悪い言葉を使うわけですが、そこにセンスが感じられる。つまり、あまり下品に感じさせず、それでいてネイティブのような自然な表現で英語を話せるのです。

一方、「英語を話せても何だかカッコ悪い日本人」というのは、まず発音がヒドイです。 いえ、私がいつも言っている通り、初心者のうちは発音なんて二の次でも良いのです。しかし、ある程度英語が話せるようになったにも関わらず、発音に気を配らないのはやはりカッコ悪いですね^^;

========================================

■ 1日10分で十分な英語力を!ラインマスター毎日英語塾

今ならスペシャル教本プレゼント中!申込みはされましたか?もし、まだなら…

今すぐコチラからどうぞ!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

========================================

また、このタイプの人は、あまりネイティブが口にしないような文語的な表現を好む傾向があります。いわゆる「教科書英語」のような、口語ではほとんど使われないお堅い表現を使うのです。

もちろん、それでも英語が通じているのですから、悪いというわけではないのですが、ここでも私は「もったいないなぁ」と思ってしまいます。

なぜなら、もう少し発音に気を使ってみたり、自分の表現とネイティブの表現を比べてみて明らかに不自然な表現だと感じるのであれば、それを単に正せばいいだけなのに…と感じるからです。

そう考えると、「カッコいい英語」を話せる人というのは、実際にネイティブたちが使っている生の英語をそのまま受け入れ、真似ることが出来る点が優れているのでしょうね。ある意味、素直なんだと思います。

一方で「カッコ悪い英語」を話す日本人というのはネイティブ云々の話ではなく、教科書で覚えた英語や文法といったルールを頑なに守り続けるのだと思います。そういう人は実際に使われている生の英語ではなく、教科書の知識や文法との整合性を優先します。だから、表現が硬く、不自然になってしまうわけです。

まぁ、それでも、先ほども書きましたが、英語を話せるのであればどちらのタイプでも構わないじゃないか!と言われそうですが、どうせ英語を話せるようになるなら、カッコいい方になりたいじゃないですか^^

あなたならどっちになりたいですか?「カッコいい英語を話せる日本人」と「英語を話せても何だかカッコ悪い日本人」…もちろん「カッコいい」方ですよね!

どうぞ良い週末を^^

 

■ ラインマスター毎日英語塾(11/2)タレコミ情報 ■

今日は金曜日でしたので、ライティング講座をお送りしました。明日は週末ということで、英語の勉強から少し離れて、軽く読める内容をお送りする予定です^^

あなたも今すぐ参加しませんか?今ならスペシャル教本プレゼント中!申込みはされましたか?何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ