なぜ英語が出来ない人ほど難しい英語を使おうとするのか?

今日の内容は、もうタイトル通りなのですが^^; なぜ、英語が出来ない人ほど難しい英語を使おうとするのかというお話です。

まぁ、まったく英語が出来ない…というよりは、英語を勉強し始めてちょっと英語が出来るようになったとか、少し、自信がついてきた…というレベルの人の話ですが。

なぜか、少し英語をかじると、やけに難しい英語を使おうとする傾向があるのです。しかし、悲しいかな、難しい英語を使えば使うほど英語が通じなくなります。

それもそのはず、難しい英単語というのは、たいてい発音も難しいんですね。しかも、ネイティブ自身もあまり会話で使わないような「文語」「珍語」であったりすることが多いのです。

例えば、be crazy about ~で「~に熱中している」という意味の表現があります。これはもう、簡単な表現ですし、口語でも一般的によく使われる定番の表現です。

しかし、少し英語をかじった日本人に限って、それを enthusiastic about ~なんて、ちょっと難しい表現にしてしまう人がいます。もちろん、enthusiastic about も間違いではありませんし、ネイティブも普通に使う語です。

ただ、日本人で英語を習いたての人が、それをわざわざ使う必要があるのか?といえば、決してそんなことはなく、よほど crazy about の方が発音しやすいですし、通じやすいんですね。enthusiastic なんて舌噛みそう^^;

====================================

■ メール講座「ラインマスター毎日英語塾」

今ならスペシャル教本プレゼント中!申込みはされましたか?もし、まだなら…

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

====================================

上の例はほんの氷山の一角で、同様のケースはたくさんあります。英語を話す時だけでなく、書く時にももっとシンプルで簡単な表現があるというのに、わざわざ難しい表現を好んで使おうとするんです。

実は、英語が上手な人は、敢えて難しい表現を避ける傾向があります。なぜなら、難しい表現の方が通じないことをよくわかっているからです。シンプルで簡単な表現の方が通じることを熟知しているというわけです。

しかも、実際のネイティブの会話などを聴き取ってみるとわかりますが、本当にシンプルな表現、単語ばかりが使われています。

英語を母国語としている人たちがシンプルで簡単な言葉を使って会話しているというのに、どういうわけか日本人の方がやけに難しい単語を使って話そうとしている…それがアンバランスであり、英語が通じない原因の一つでもあるということです。

したがって、英語を話したり、書いたりする時には極力意識して簡単な単語、シンプルな英語で表現するようにすると良いです。これって、結構重要なヒントなんですよ^^

 

■ ラインマスター毎日英語塾(10/25)タレコミ情報 ■

今日は木曜日でしたので、リーディング・トレーニングとして海外の記事を読んでみました。明日はライティングで実際のラインの書き方実践をお送りします^^

あなたも今すぐ参加しませんか?今ならスペシャル教本プレゼント中!申込みはされましたか?何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ