英語の新陳代謝を促進する「刺激」が絶対に必要です

唐突ですが「刺激」って何でしょう。炭酸飲料を飲むと喉にシュワッと刺激がありますね。今にも怒り出しそうな人を「あまり刺激するな」とも言います。

まぁ、言ってみれば「ちょっとした痛み」のことですかね。犬がジャレてきて、手を甘噛みされて「痛キモチいい~」みたいな?^^;

で、この「刺激」なのですが、英語の学習を続けていて、何となくやっていることがマンネリ化してきたり、いつもと同じ感じの繰り返しでメリハリがなくなってきたら、積極的にそれ(刺激)を受けるようにして欲しいのです。

では、英語学習における「刺激」って何でしょうか。それは例えば、TOEIC(R)や英検といった試験を受けてみて自分の英語力を客観的に知ってみることであったり、試験場に行って、他の受験者の「英語が得意そうな姿」を目にして焦ることであったりします。

「隣の芝生は青い」とはちょっと違いますが、あなたが自分の英語力に自信がなければ、他の受験者がやけに頭が良さそうに見えるものです。答案用紙にカリカリ~書き込む音を聞くだけで圧倒されてしまうかも知れません。

また、試験の結果(スコア)を知らされることも一つの「刺激」ですね。ひどい点数・結果で愕然とするかも知れません。「またか…」と落ち込むかも知れません。しかし、そんな「刺激」は必要なことなのです。

====================================

■ メール講座の【1ヶ月間無料おためし受講】のお申込みはこちらからどうぞ

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

====================================
 

冒頭にも書いた通り「刺激」というのは、ちょっとした「痛み」のことです。ともすれば、不快に感じなくもない「痛み」のことですね。しかし、この「痛み」があるからこそあなたの中で何かを変えたり、改善したりすることが出来るとも言えます。

英語の勉強やトレーニングのペースが落ちてきたり、何だか最近やる気がない…と感じていたり、何らかの停滞感を感じている時には、「刺激」を受けることが一番のクスリになります。

もちろん、このような「刺激」には、TOEICや英検等の受験だけでなく、例えば積極的に英語を話す機会を設け、そこでうまく話せないことによる「痛み」を感じたり、他の日本人の英語力に打ち負かされて「屈辱感」を味わったりすることも含まれます。

実際、このような「刺激(痛み)」からなるべく遠ざかっていたい、目を背けたい、耳を塞いでいたいという人は多いものです。人は「安定」を求める習性があるからです。なるべく変わりたくないんですね^^

しかし、本気で英語を身につけたいとあなたが思われているのであれば、なるべく「刺激」を受けて下さい。いえ、絶対に受けて下さい。それだけで「英語の新陳代謝」が促進され、グンと英語力を伸ばすことが出来るはずです。

■ ラインマスター毎日英語塾(10/16)タレコミ情報 ■

今日は火曜日でしたので、リスニングトレーニングとして宇宙からスカイダイビングしたというオーストリア人男性のYouTube 動画を聴き取ってみました。明日はTOEIC(R)テスト対策をお送りする予定です。

あなたも今すぐ参加しませんか?今なら1ヶ月【無料】でお試し頂けますので、早く申し込まないと損ですよ~。何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月16日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語習得のコツ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ