英語を聞いているだけではダメです、これを抽出しないと…

えーと、英語の音声を聞いてリスニング・トレーニングに励んでいらっしゃる方は多いと思いますが、ちょっと注意点がありますので、今日はそこを再確認してみたいと思います。

まず、これはもう何度も言っていることですから、このメルマガの読者であれば理解されていることでしょう。いわゆる「聞き流すだけ」という教材が人気ですが、本気で聴解力を身につけたいのであれば、より高い負荷を脳にかける必要があります。

もちろん、英語をまったく耳に入れないよりは聞き流すだけでも多少の効果はあると思いますが、英語を言葉として意識し、集中して聴解しようとしない限り脳に適切な負荷をかけることが出来ないのであまり意味がないのです。

次に、では集中して、意識して聴ききさえすればいいのか?という話になりますが、集中して、意識して聴くことである程度の負荷をかけることが出来ますので、それはOKです。ただ、もう一つだけ作業を加えることが出来れば尚良しです。

それは「ライン(パーツ/フォーム)の抽出」という作業です。私のメール講座を受講されている方や、教本(教材)を実践されている方にはおなじみの作業と言えます^^

具体的には、洋画や海外ドラマでも YouTube や VOA の英語音声でも、ニュースでも英会話教材の音声でも何でも構わないのですが、聴き取りトレーニングを行う際に、必ずノートと筆記用具を用意しておきます。やりやすいのなら、パソコンでも構いません。

そして、英語の音声を聴きながら、「これは使えそうだな」「自分の英会話で口に出してみたいな」「カッコいいな」といった言い回し、フレーズ(これをラインやライン・パーツ、ライン・フォームと呼んでいます)があれば、一時停止してどんどん書き出していきます。

この一連の作業を「ラインの抽出」と呼び、英会話(口語)で頻出の英語表現を知り得るには不可欠の作業と言えます。実際、このような形で抽出したライン、ライン・パーツ、ライン・フォームは、あなた専用の英会話ライン(セリフ)に積極的にアレンジして組込み、実際の英会話で口にすることで自然な英語表現を可能にします。

そして、このような「ライン単位」でのボキャブラリーが増えると、あなたのリスニング力は一気に上昇します。実際にメール講座を積極的に受講されている方の聴解力が短期間でグンと上がるのは、この「ライン単位」での聴解法を実践されているからに他なりません。

もしあなたが「聞き流すだけ」ではないにしても、ただ単に英語音声を「聴く」だけのトレーニングを行っているのであれば、上記の「ライン抽出」という作業を一つだけ加えてみて下さい。たったそれだけであなたのリスニング力、スピーキング力共に確実に向上させることが出来るはずです^^

追伸:

「ライン抽出」について詳しく知りたい方は、私のメール講座の1ヶ月間無料おためしに申し込んでみて下さい。お試しに料金は一切かかりませんので、心からお勧めいたします^^

 

■ ラインマスター毎日英語塾(10/3)タレコミ情報 ■

今日は水曜日、TOEIC(R)テスト対策をお送りしました。明日はリーディング・トレーニングの日ですので、実際の生の英語記事を読んでみたいと思っています^^

10月に入り益々盛り上がりを見せているメール講座。あなたも今すぐ参加しませんか?今なら1ヶ月間、無料のお試しキャンペーン実施中です!試してみて気に入らなければ、料金は一切かかりません。あなたにリスクは一切無いので試さないと損ですよ。何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月3日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ