なぜ、日本に来ている外国人は日本語が上手なのか?

おそらく、あなたも薄々感じているとは思いますが、日本に来ている外国人って、やけに日本語が上手ではありませんか?

しかも、まだ日本に来て数か月…という外国人が何のためらいもなく日本語をベラベラとまくしたてている姿をよく目にします。

なぜ、外国人はそんなに短期間で日本語を習得してしまうのでしょうか?彼らは語学の習得能力に長けている?それとも、日本語って習得が簡単なのでしょうか?

いいえ。実は、答えは彼らの「メンタリティ」にあります。メンタリティ (mentality) とは「精神構造」とか「気質」という意味ですが、要するに外国人の気質にその答えがあるということです。

例えば、日本人は初対面の相手に対して、異常に緊張する傾向があります。例えば、出会ったばかりの相手と打ち解けて話し始めるまでに、長い時間がかかります。初対面の人にズケズケと話しかけるのは非礼だと考えるからです。

また、自分が「知っている人」と「知らない人」の間に大きな溝を作るので、相手が「知っている人」になるまでなかなか心を開くことが出来ません(その代わり、ひとたび「知っている人」となると、急速に打ち解けます)。

一方、外国人は初対面だろうと、友人だろうと、構わずにペラペラ話すことが出来ます。それを失礼なことと考えないからです。誰でも、出会ってニコっと挨拶をすれば、緊張することなくペラペラと会話を交わし始めるのです。

そのように、外国人は相手が初対面であっても臆することなく、ペラペラと話せる気質を持っているので(少なくとも、その傾向が高いので)、基礎的な日本語のボキャブラリーや文法さえ理解したら、後は積極的に会話をすることが出来、その結果、驚くほどの短期間で日本語をマスターしてしまうということです。

では、この理論を、日本人の英語習得に当てはめて考えてみたらどうでしょうか?つまり、基礎的な英語のボキャブラリー、簡単な文法だけを理解したら、後はとにかく外国人と英語を話しまくるというアプローチを実践してみたら…

そうですね、結果はあなたのご想像通り、非常に短期間で英会話をマスターすることが出来る、というわけです。問題は、ボキャブラリーや文法知識の不足にあるのではなく、日本人の持つ「控えめ過ぎる」メンタリティにあるということです。

もしそれに気付くことが出来れば、それだけであなたは明日から自信をもって英語を口に出来るようになるはずです^^

厚かましいほど積極的に!…頑張りましょう。

 

■ ラインマスター毎日英語塾(1ヶ月間無料受講のお申込みはこちら) ■

あなたも今すぐ無料受講に参加しませんか?

今なら1ヶ月間、無料のお試しキャンペーン実施中です!試してみて気に入らなければ、料金は一切かかりません。あなたにリスクは一切無いので試さないと損ですよ。何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ