英語の音を「音楽」のように聴いてみて下さい、発音が…

私の個人トレーナー・プログラムを受けられている方にとても面白い方がいらっしゃいます。

何が面白いのかと言うと、その方は「英語の音」…、つまりネイティブ・スピーカーの「声」や英語の「響き」そのものが大好きなんだそうです^^

確かに、洋画や海外ドラマを観ていると、ネイティブ・スピーカーの流暢な英語の響(ネイティブだから、流暢なのは当然ですが ^^;)を聴いていると、なんて美しいんだろう…と感じることがあります。

なめらかで、途切れなくて、セクシーな感じさえします。そういう、英語の独特な「響き」ってありますよね。これはもう英語自体が一つの「音楽」のようなもの…と考えて良いのかも知れません^^

実際、私が英語の発音を習ったアメリカ人の先生がよく言っていたのは、きれいな発音をするためには、まず英語を「音」として聴き取ること、それはまるで「音楽」のようなものとして聴き取ることが大事とよく言っていました。

これはリスニングにも重要なヒントで、英語を聴き取ることが出来ない人は、まずは英語の「音」のみを聴き取ることに注力した方が良いのです(「意味」は第二段階で聴き取る)。

では、どのように英語を「音楽」のように聴き取るのかという話ですが、そんなに難しい話ではありません。

まさにあなたが普段「音楽」を聴くように、英語の「音」に集中して「言葉」としてではなく一つの楽器の音のように聴いてみるということです。

それはまるで、

バイオリンの音を聴くように…

ギターの音を聴くように…

ピアノの音を聴くように…

そこに、意味を求める必要はありません。とにかく「聴こえたままに」英語の音を楽しめば良いのです。すると、英語の音の「特徴」がわかるようになります。

アクセント、リズム、イントネーション、どんな時に強弱をつけたり、間(ま)を開けたりするのか。日本語の発音との違いは何か。そんなことを考えながら、目を閉じて音に集中しましょう。

そして、「聴こえたまま」に真似をして発音してみると…あら不思議、本当にネイティブのような発音になります。発音記号がどうとか、舌を噛んでどうとか、口の形とか、そんなこと、本当にどうでもいいということが分かって頂けるはずです^^

 

■ ラインマスター毎日英語塾(1ヶ月間無料受講のお申込みはこちら) ■

あなたも今すぐ無料受講に参加しませんか?

今なら1ヶ月間、無料のお試しキャンペーン実施中です!試してみて気に入らなければ、料金は一切かかりません。あなたにリスクは一切無いので試さないと損ですよ。何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年9月27日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語の発音

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ