本当に日本人って英語が苦手なのでしょうか?

日本人は英語が苦手である」というのが定説ですが、果たして本当に日本人は英語が苦手なのでしょうか?

実は、アメリカ人が日本人の英語力に関して「ビックリ」することがあるそうです。いえ、英語が下手過ぎてビックリするわけではありません^^;(まぁ、それもあるかも知れませんが)

それは…「何故、英語を話せないのに英語を書くことが出来るのか?」ということだそうです。

一般に、日本人は英語を話したり、聞いたりすることを苦手としますが、英語を書くことに関しては、意外とスラスラと出来る人が多いです。それもかなりキレイな字で!

例えば、学生がアメリカにホームステイしたとします。まぁ、英語圏であればイギリスでもオーストラリアでもカナダでも、何処でもいいのですが。

で、短期留学なんていうのは、言ってみれば観光旅行に毛が生えたようなものですから、ほとんどの学生が思うように英語を話すことが出来ません。

ホームステイ先でもほとんど身振り手振りで、何とかコミュニケーションを成り立たせ、やっとのことで日本に帰ってくるわけですが、その後にホストファミリーにお礼の手紙を書いたりすると、ホストの人々はものすごく驚きます。

「え、これが本当にあの子が書いた英文なの?」って感じで、それはもうビックリするわけですね^^; 当然、現地ではまったく英語を話せず、下を向くだけで何も言わなかったのに、手紙にはギッシリと英文が、しかも非常に丁寧な文字で書かれているのですから!

ここに、日本人の英語力のアンバランスさがあります。つまり、英文法も、単語も、ある程度のことなら誰もが知っているんです。中学でも高校でもある程度のことは習いますからね。実は日本の英語教育のカリキュラム自体はそれほどヒドイものではないんですよ。

では、なぜ話せないのか?なぜ聴き取れないのか?それはもう【思い込み】にあると考えて下さい。つまり「日本人は英語が苦手である」という、ステレオタイプの固定観念に捉われていることが原因であるということです。

本当は、日本人は日常英会話程度であれば、普通にこなせる十分なポテンシャルを持っているんです。これは誰でもそう。しかし「日本人は英語が苦手」という固定観念がある為、ほとんどの人が何となく「英語が苦手」でなければいけないような気がしているだけなのです。

これは本当に無意味で、モッタイない話です。まずは、妙な固定観念の呪縛から逃れ、自分には既に十分な力がある!と思い込むことが大切ですね。いつまでも「出来ない」と言っていたら、いつまでも「出来ない」ままなのです。わかりますか?

■ ラインマスター毎日英語塾(1ヶ月間無料受講のお申込みはこちら) ■

あなたも今すぐ無料受講に参加しませんか?

今なら1ヶ月間、無料のお試しキャンペーン実施中です!試してみて気に入らなければ、料金は一切かかりません。あなたにリスクは一切無いので試さないと損ですよ。何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ