カッコつけるからカッコ悪くなっちゃうんです

そもそも、英語を勉強しようなんていう人は、ちょっと「カッコつけている」人が多いものです。だって、別に日本語で不自由しないのに、わざわざよその国の言葉を覚えて話そうとすると言うのですから^^;

で、本質的に英語を話す日本人というのは根っからの「カッコつけ」ですから、英語を話す時にもカッコつけちゃう人が多いわけです。もう、他人の目を気にしまくって、自意識過剰になってしまうんですね。昔の私がその典型的な例です。

まぁ、カッコつけること自体は悪いことではないです。より良き自分を目指し精進することは素晴らしいことですから。何よりも、前向きです^^

しかし実は、一つだけ「カッコつけ」の弊害があるんです。それは、「難しい英語」を使おうとしてしまうこと。少しでも英語に慣れてくると、その傾向は顕著になります。

例えば、 approximately なんて、ちょっと難しい単語があります。これは「およそ」「約」「大体」といった意味なんですが、ちょっと英語をかじった日本人となるとこんな単語を気に入って、ナントカの一つ覚えみたいに節操なく使いまくってしまうのです。

いえ、別に使いまくってもいいんですが、例えば口語では難しい英単語はあまり使われないんです。なぜなら、発音しづらいからです^^; こんな単語は about で十分なんです。よっぽどそっちの方が発音しやすいし、覚えやすいし、通じやすいです。

しかし、悲しいかな、ちょっとでも英語が出来るようになった人というのは…

「ちょっとカッコつけちゃおうかな~」

「about を approximately と言った方がカッコいいかな」

「英語に慣れている人だと思われちゃうかな~」

…という気持ちになって、わざわざ(ホントに「わざわざ」)難しい言葉を使おうとするんです。

その結果どうなるか?難しい単語というのはたいてい発音も難しいので、多くの場合相手に理解してもらえません。何度も言い直してやっと意味が通じたり…。これは単語だけでなく、英語の構文等にも言えることです。どんどん難しく、複雑になってしまうんですね。

本当はもっと簡単に、シンプルに、いくらでも平易な単語で表現出来ると言うのに、わざわざカッコつけて難しい単語を使ってしまう…。これは本当にもったいない、というかバカバカしいことです^^;

ネイティブの会話を聴いてみて下さい。本当に、簡単でシンプルな単語しか使われていません。中学校で習うような単語ばかりです。誰も舌を噛みそうな難解なスペルの単語なんて使っていないのです。

もしあなたが、英語で何かを表現するのであれば、それがどれだけシンプルで単純で、平易な表現であるか確認してみて下さい。少しでも「カッコつけているな」という自覚があったら要注意です^^

 

■ ラインマスター毎日英語塾(1ヶ月間無料受講のお申込みはこちら) ■

あなたも今すぐ無料受講に参加しませんか?

今なら1ヶ月間、無料のお試しキャンペーン実施中です!試してみて気に入らなければ、料金は一切かかりません。あなたにリスクは一切無いので試さないと損ですよ。何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年9月23日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ