もしかして、あなたは石橋を叩き過ぎていませんか?

はっきり申し上げます。

実は日本人は英語を話せる力を十分に備えています。中学レベルの英語を一通り勉強されてきた方であれば、誰もが「既に十分過ぎる英語力」を備えていると断言します。

しかし、現実には多くの日本人が、英語が出来ない…と嘆き実際に英会話などでは何も話せず、聴き取れずに下を向いてしまう方がほとんどです。

では、どうして基礎的な英語力を有していて、簡単な単語であれば読めるし、理解も出来るというのに、多くの日本人がこんなにも英語に苦しめられているのでしょうか。

その大きな原因は…「石橋を叩き過ぎている」ということです。

別の言葉で言えば「慎重になり過ぎている」ということですね。

英会話において言いたいことがあれば、本来は単語の羅列でも構わないからどんどん言葉を投げ掛ければ良いのに、ほとんどの人は「完全な英文」になっていないと不安で口から出すことさえ出来ません。

人によっては発音が完璧でないからという理由で、また別の人は簡単な単語しか知らないからという理由で、英語を口から出そうとしないのです。

「こんなことを言ったら、間違っているのではないか?」

「こんなことを言ったら、笑われるのではないか?」

「こんなことを言ったら、恥ずかしいのではないか?」

もう、そんなことばかり気にしてなかなか初めの一言を口から出すことが出来ないんですね。

日本人と同じように、世界中には英語を母国語としない人々がたくさんいます。アラブの人々がそうです。南米の人々がそうです。アジアの人々がそうです。しかし、彼らは片言の英語でもガンガン話します。もう本当に図々しいほどよく喋ります^^;

で、それでコミュニケーションはしっかりと成り立っているんです。ひどい発音、ひどい文法、ひどいボキャブラリーであっても、彼らはお構いなしで「まくし立てます」^^

本当に厚かましいほどです^^;

そんなノン・ネイティブ・スピーカーたちの逞しさを目にすると、日本人は何故こんなにも慎重なのか…と感じさせられます。石橋を叩いて、叩いて、叩いて、それでもまだ叩き続けて…結局、それでも渡ろうとしません。

何でもそうですが、一歩を出してしまった者が勝ちです。心配していても何も始まりません。能書きはいいんです。英語力が完璧になるまで待っている必要ありません。

とにかく、今のままでいいから、実際の英語の世界に飛び込んでしまう。ザッバーン!と。すると、新しい世界が開けるんです。それはそれは気持ちイイです。これは本当ですよ^^

■ ラインマスター毎日英語塾(8/31)タレコミ情報 ■

今日は金曜日、ライティング講座でしたので、実際のラインの書き方をご紹介しました。明日は週末ですので軽く読める内容をお送りします。

あなたも今すぐ参加しませんか?安いし、楽しいし、何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ