3カ月くらい、死にもの狂いで英語と格闘してみませんか?

突然ですが、これまでにあなたは何か「死にもの狂い」で挑戦したことがありますか?

自転車に乗れるように練習したこと…

鉄棒で逆上がりが出来るように練習したこと…

高校や大学の志望校に入るために受験勉強したこと…

人生においては、まぁ色々な挑戦があります。そんな中で「英語の習得」というのも、また一つの大きなチャレンジ、挑戦と言えますね。

いつも思うのですが、人間がその気になれば…つまり「死ぬ気になって」頑張れば、大抵のことは達成出来ます。

逆に言えば、

もしあなたに達成出来ていない何かがあるならば、それはあなたが「死ぬ気になって」挑戦していないから…とも言えるかも知れません。

英語が聴き取れない、聴き取れない…と言いながら、1日30分のリスニング・トレーニングも行っていないのであれば、それは無理です^^;

英語が話せない、話せない…と言いながら、実際にラインを作ったり、英会話の機会を設けたりしていないのであれば、それは無理です^^;

どれぐらい勉強すれば英語ペラペラになれますか?とよく訊かれますが、本当に死にもの狂いで英語と接すれば、3カ月もかからずに英語なんて話せるようになります。実際、私もそうでしたし、そういう人がたくさんいるのです。

では、何が「いけない」のか?一体、何が「違う」のか?

それは、とても簡単なことで、要するにあなたが本気になっているか、なっていないか、たったそれだけの違いというわけです。死にもの狂いになっているか、なっていないかということです。

これは何も英語だけに限ったことではありません。スポーツだってそう。会社の仕事だってそう。もちろん学校の試験だってそうです。人が死ぬ気になれば、たいていのことは達成出来るんです。ただ、やらないだけ。

ただ、やらないだけ」というもったいない人が本当に多いです。もう、今すぐやれば、すぐに英語なんて話せるようになるというのに、いつまで経っても同じ場所で足踏みをしている…。

このメルマガを読んで「ほほう、なるほど。でも、まだ開始する時機ではない…」と自分に言い聞かせて、やはり足踏みを継続する。これは本当にもったいないです^^

そこであなたに【提案】があります。

3カ月くらい、死にもの狂いで英語と格闘してみませんか?

もちろん、「一人で」ではありません。

私と「一緒に」です^^

実際、一人で格闘…となると、死にもの狂いになりたくてもなれないケースが多いです。なぜなら、自分に甘えてしまうから。ちょっとした辛いことがあると、誘惑に負けてしまうからです。

しかし、私と「一緒」なら、そんなことはありません。

まず、やる気が出ます^^ 一人だけで続ける独学とは違い、常に私との直接のやり取りがありますので、とにかく心強く勉強・トレーニングを継続することが出来るようになります。

その結果どうなるでしょうか?

当然ながら英語力は確実に身につきます。それはもう、ウソでしょ!?と感じる程、しっかりと、確実に身につき、それを実感することが出来るようになります。

実は、そんな夢のトレーナー(コーチング)プログラムがあります。リクエストにお応えして、本日から3日間のみ、10名限定で参加希望者を募集します(既に2名待たれていたので残り8名だけとなります。ご了承下さい)。

本気でラインマスター、渡邊式の英語習得法を実践されたい方、年内にペラペラになりたい方、自在に聴き取れるようになりたい方、TOEICのスコアアップが必要な方、今すぐにお申込み下さい。

*個人トレーナー・プログラムは不定期募集となります。次回募集はメルマガ等でお知らせしますが、次回募集時期は未定です。

 

■ ラインマスター毎日英語塾(8/29)タレコミ情報 ■

今日は水曜日でしたのでTOEIC®テスト対策をお送りしました。明日はリーディングですので、生の英文を読んでみたいと思っています。

あなたも今すぐ参加しませんか?安いし、楽しいし、何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ