英語は「ちょいワル」ぐらいが丁度良いのです^^

「ちょいワル」なんて死語かしら^^; まぁ、「ちょいワル」でなくても良いのですが、今日はちょっとワイルドな英語習得のお話です^^

常々思っているのですが、日本人で英語を話せる人って「二派」に分かれます。一つは、文法とかにキチッと則した「真面目な英語」を話す派。もう一つは、ブロークンで粗削りだけれど、「かっこいい英語」を話す派。これが「ちょいワル」系英語ですね。

もちろん、完全に二派に分かれるというわけではありませんが、何となく、そんな「分類」があるように感じます。

おそらく前者の「真面目」系は、教科書とか、文法とか、発音記号とかキッチリと勉強するタイプでしょう。言わば、お手本通りの英語を話し、省略とか、スラングとかあまり使わないタイプですね。

後者の「ちょいワル」系は、あまり文法とか発音とか意識せずに、実際にネイティブが使っているような省略の表現やスラング、口語、俗語をそのまま口にするタイプです。

で、どっちの方が良いのか?と言われれば、まぁどっちでも良いのですが^^;

もしあなたが「かっこいい英語」を話したいのであれば、後者の「ちょいワル」系をお勧めします。

まぁ、世の中のこと、何でもそうですが「ちょいワル」ぐらいの方がカッコいいですね。真面目くんよりも、少し反社会的な方が魅力があるものです^^(かといって「本物のワル」になるとダメですよ。あくまでも「ちょい」だから良いのです^^;)。

では、どんな英語が「ちょいワル」なのか、具体的にご説明しましょう。

まず「短縮」これは「ちょいワル」英語の基本形です。

I am なら I’m、

going to なら gonna、

want to なら wanna

have to なら hafta、

got to なら gotta…等々、まぁ色々とあります。短縮している方が英語に慣れている感じがしますね。

 

次に「口語」

口語の英語というのは、短縮もそうですが、非常にラフなものが多いです。キチッとした書き言葉ではなく崩れた話し言葉を使うのが「ちょいワル」英語の基本。特に流行言葉を入れると尚良しです^^

 

さらに「スラング」

これは賛否両論ですが、やはりスラングを使うといかにも「英語を話している」感が漂います。なぜなら、スラングというのは元々そういう「仲間意識」があって使われ始めた言葉だから。日本語だってそうですね、方言がありますが、あれだってその土地の「仲間意識」があって皆使っているんです。

ところで、この「ちょいワル」英語というのは、親しい仲間同士での会話を前提としたものですので、そこは注意して下さい。

例えば、会社やビジネスなど、真面目なシチュエーションでラフな英語を使えば当然、非常識と捉えられます。これは、日本語でも英語でも同じ話。そのあたりは、場所と時間、状況をわきまえて使うようにしましょう。

* ちょいワル的な英会話表現(特にスラングや口語)が知りたかったら、毎日英語塾の「今日の新ライン紹介」コーナーがお勧めです^^

 

■ ラインマスター毎日英語塾(8/27)タレコミ情報 ■

今日は月曜日、英文法の日でしたので冠詞の解説シリーズから「不定冠詞 a(an)」について勉強しました。明日は大人気のリスニングの日です^^

あなたも今すぐ参加しませんか?安いし、楽しいし、何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^
 
↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月27日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ