英会話に「積極性」って重要なんです。なぜなら…

日本の社会ってちょっと微妙で、「積極的な人間」が嫌われることがありますよね。なぜなら、積極的になると「出しゃばり」「和を乱す」と捉えられる場合があるからです。昔から「出る杭は打たれる」という諺があるようにさし出たことをする人は周りから非難される風潮があるんです。

しかし、英語を習得したり、使ったりする上ではこの「積極性」というのがとても重要です。例えば、英語の勉強においては言われたことだけを勉強していれば良い…という姿勢では、なかなか英語が上達しません。

これは、先日のインプットとアウトプットの話に通じるものがありますが、要するにインプットばかりしていても、アウトプットを自ら積極的に行わない限り、英語の習得のサイクルが完成しないわけです。

もちろん、インプットの中でも、例えばリスニングであれば、相手が話していることをただ「受け身」で聴こうとしてもなかなか理解することは難しいです。

これは「能動的リスニング」といって、常に相手が言わんとすることを先手、先手で推測して聴解していく姿勢が重要ということですね。攻撃型のリスニングです^^

英会話におけるスピーキングでは特に「積極性」が求められます。「積極性」がないまま英会話スクールに通うと、ほとんどの場合、講師の世間話を一方的に聞かされてレッスンの時間が終了します。

多くの日本人が、英語をただ「聞きに」英会話スクールに通っている現実があります。皆、積極性がないので、ただ講師の英語をヘラヘラ笑いながら聞き、頷いているだけで終わってしまうのです。これはとてもモッタイないですね。

では、一体どうすればもっと「積極的」に英語と接することが出来るようになるでしょうか。それには「間違えを恐れないこと」が有効です

なぜ、私たちが「積極的になれないのか?」といえば、要するに「間違えたら恥ずかしい」「間違えたら笑われるのではないか?」という潜在的な恐怖があるから、です。

しかし、実際にあなたが「変な英語」を話したところで外国人が何か咎めたり、笑ったりするでしょうか?逆に言えば、日本に来ている外国人がカタコトの日本語を話すのを聞いて本人の目の前で大笑いしますか?

まぁ、中には非礼なヒネクレ者もいるかも知れませんが^^;

ほとんどの良識ある日本人であれば、「日本語が上手ですね!」と言うのではないでしょうか。

それは英語でも同じです。少しでも英語を話せるならば、堂々と話してみて下さい。大きな声で、ニコニコ話せばきっと「英語が上手ですね!」 と言ってくれるはずです。だから、何も恐れる必要はないのです。

英語の習得は積極的に、特に英会話は「図々しいくらい」積極的にいきましょう!

これが、英会話上達の大きな秘訣です^^

 

■ ラインマスター毎日英語塾(8/23)タレコミ情報 ■

今日は木曜日、リーディングの日ということでYahoo! News から75年前に行方不明になったアメリカ人女性飛行士アメリア・イアハートに関する記事を読んでみました。

あなたも今すぐ参加しませんか?安いし、楽しいし、何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^
 
↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月23日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ