英語にはたくさんの種類があります

今日は英語の「種類」のお話。

英語を少しでも勉強している人は既におわかりのことと思いますが、英語
にはたーっくさんの種類があります。

まず、本場イギリスの英語、アメリカの英語、カナダやオーストラリアの
英語、アジアの中でも香港、フィリピン、その他多くの国々独特の英語が
あります。

さらにそれらの国々の中では地域によって異なるさまざまな英語が使われて
います。

それは例えば同じ日本語でも、東北弁や関西弁、その他の方言のように
地方によって全く異なる言葉が使われていることと同じです。

まあ、当然と言えば当然ですけどね。

ところが、英語のことをよくわかっていない人は、英語=英語としか
考えていないようです。

つまり、「英語」というたった一つの絶対的な言語があると信じて疑わない
人が意外と多いのです。

イギリス英語とアメリカ英語の違いがあることを知っている人はいても、
それ以外の英語の違いが星の数ほどあることを知っている人は意外に
少ないんですね。

このあたりも、日本人がなかなか英語を話せるようにならない一つの理由に
なっているかも知れません。

つまり、日本人の多くは、学校で教えられた英語が唯一のものと思い込んで
いるので、実際の英会話等で「例外」に出会った時に対処出来ないんです。

学校で習った「文法」、教科書どおりの「例文」がすべてだと思い込んでいる。

実際は例外の方がずっと多いのです。

私の知り合いでも英会話学校で上級者クラスまで進み、かなりの自信がついた
というので一度外国人のパーティに一緒に出席したことがあるんですね。

ところが、その知り合いはまったく英語がわからず、会話が出来なかった
のです。英会話学校ではかなりの成績で、インストラクターにもほめられて
いたのにも関わらず、です。

実は、そのパーティは主にアジア系の方々が多く出席されていて、彼女は
いきなり、かなり多様な英語に触れることになってしまったんですね。

「私、全然理解できない…」と言って、完全に出鼻をくじかれてしまった。

実はこういう人多いんです。

特に日本人で、イギリス人やアメリカ人の比較的マシな英語を聞いてそれに
慣れていると、欧米人以外が話すブロークンな英語にまったく対応できない
人がよくいます。
そうならないためにはどうすれば良いか?

はい、まず英語というものが一つであるという幻想にとらわれないように
して下さい。

この世には本当にたくさんの英語が存在します。従って、文法等をきっちり
押さえていても、実際の英会話においては例外、例外、例外のオンパレード
なわけで、むしろ教科書通りに出てくる表現などは皆無に近いのです。

だから、数学のように計算してきっちりと答えが出るようなものではない、
ということをまず認識しておくことが重要です。

いわば「何でもあり」の無法地帯。それが「言葉」というものなわけです。

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ