英語のアウトプット・トレーニングの極意~実践と検証

先日、英語のインプットの大切さについてお話しました。インプットというのは「読み」や「聴き取り」といったスキルのことですね。

もちろん、スピーキングには欠かせない「ライン(セリフ)」を作って覚えること(頭に入れること)もインプット・トレーニングの一種と言えます。

基本的に、日本人が行っている英語の勉強というのはインプット系のものが中心となります。なぜなら日本においては英語を話す人、すなわち「外国人」の数が少ない為、必然的にインプット系の勉強やトレーニングが中心となるわけです。

インプット系のトレーニングというのは英文を読んだり、文法の勉強をしたり、単語を覚えたり…といった、日本人の得意なタイプの英語の学習のことですね。

もちろん、先日お話した通り、これらの「インプット」は英語学習においてとても重要なものです。しかし、これらだけをひたすら続けていても英語を話せるようにはならないのです。

言ってみれば、知識ばかり詰め込んで「頭デッカチ」になってしまうんですね。それでいて、実際に英語を「話す」という経験数が少ないため、非常に「もどかしい」状態になってしまいます。

TOEICのスコアは高いのに、実際の英会話は出来ない…という人がこのタイプです。非常にもったいないのです。

したがって、ここが重要な所ですが、インプットを行ったら同量の(もしくはそれ以上の)アウトプットを行う必要があります

例えば、私の英語習得法においては「ライン」と呼ばれる英語のセリフ(フレーズ)をたくさん作り、それを覚えるということを推奨していますが、これは非常に強力なスピーキング攻略法ですのでとにかくたくさんの方が実践されています。

しかし、悲しいことに、ほとんどの方はラインを作る、または覚えるところで終わってしまい、それを実際の会話で使うことをしません。インプットというのは、アウトプットがあって初めて完結します。そこで初めてサイクルが出来上がるのです。

初めて知って覚えた英語表現を自分なりにアレンジし(ラインの作成)、それを繰り返し音読して、パッと口に出せるまで覚え、実際に外国人相手に使ってみる。そして、間違っていたり、通じなかったりすれば、適宜ラインを修正し(検証)、外国人が使っている他の表現があれば積極的に抽出して取り入れる。

この一連のサイクルが完結して、はじめてラインを使った英会話の上達法が機能するというわけです。もちろん、ラインは知れば知るほど(覚えれば覚えるほど)英語音声の聴き取り時に「照合」できるパーツが増えますのでリスニング力も同時に伸びていきます

これが、英語上達の根本的な仕組みです^^ もっと詳しく知りたい方はぜひ私の教本類、もしくはラインマスター毎日英語塾で勉強してみて下さい。

■ ラインマスター毎日英語塾(8/22)タレコミ情報 ■

今日は水曜日でしたのでTOEIC(R)テスト対策としてパート5の例題を3問解いてみました。明日はリーディング講座で生の英文を読んでみたいと思っています^^

あなたも今すぐ参加しませんか?安いし、楽しいし、何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^
 
↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月22日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ