英語の勉強に停滞感があるなら何も考えずに新風を取り入れよう

英語の勉強を続けていて、何だかサッパリ上達しているのかどうか分からなくなく時ってありますよね。毎日、きちんと勉強したり、トレーニングを続けたりしているのに、どうも上達している気がしない…

そんな「停滞感」を感じている人って意外と多いんです。特に、ある程度の期間、まじめに勉強やトレーニングを続けた人に多い傾向と言えます。

英語の勉強が「停滞」してしまう一つの理由は、勉強内容が単なる作業…すなわちルーチン化してしまっていることが挙げられます。

人間というのは、毎日やることに慣れるものです。例えばリスニングのトレーニングを毎日やっていて、初めの頃は物珍しさも手伝って、結構英語を聴き取れるようになったりするんです。

しかし、徐々に脳が刺激を受けにくくなり(慣れてくるため)そのうち負荷がかかりにくくなります。ああ、またこの作業をやるんだ…と感じるようになると英語の勉強は一気に陳腐化します。

こうなると何をやってもあまり頭に入らなくなります。当然、リスニング力も伸びることなく平行線、単語や文法などは、その場では理解した気になっても翌日には忘れてしまうようになります。

そんな時は、とにかく「新風」を取り入れるようにしてみて下さい。新風というのは、新しい刺激のことです。

それは新しい教材であったり、新しい英会話の場であったり、もっと身近な例で言えば、新しいノートであったり、パソコンであったり…

とにかく、昨日とは違う「何か新しいもの」を英語の勉強に取り入れてみることです。TOEIC の問題集に飽きてウンザリしたら、新しい問題集を買ってみるのも良いでしょう。何か、これまでと違う「風」を入れてみるのです。

すると、そんな小さな刺激がきっかけとなって、全体のパフォーマンスが向上することがあります。私の個人トレーナープログラムを実践されている方で、勉強の場を「スタバ」に変えただけで集中力がグンと増した方もいらっしゃいます^^

今、もしあなたが英語の勉強やトレーニングおいて何らかの停滞感を感じていらっしゃるのであれば、ぜひ「新しい風(刺激)」を積極的に取り入れてみて下さい。ちょっとした違いが大きな違いを生み出すものです^^

 

■ ラインマスター毎日英語塾(7/19)タレコミ情報 ■

今日は木曜日ということでリーディングの日でしたのでabcニュースの最新英文記事を読んでみました。明日はライティングということで、また実際のラインの書き方を勉強してみたいと思いっています^^

あなたも今すぐ参加しませんか?安いし、楽しいし、何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ