英語・英会話習得の王道、唯一の上達道を教えます

よくこんなメールを頂きます:

「渡邊先生、私はこれまで長い間英語の勉強をしてきてそれでもいまだに英語を満足に話すことが出来ません。最近では勉強をする気さえなくなり、いよいよ諦めモードに入りつつあります。一体どうしたら良いでしょうか?」

この手の「諦め」「失望」「気力失墜」メールをよく頂くわけですが、まぁ、メールを下さるだけまだマシというか、それだけの気概は認められますので大丈夫です^^

まず、英語の勉強を長い間続けているのに一向に話せるようにならない、芽が出ない…というのは明らかに勉強法が間違っていると考えて良いでしょう。要するに、方向性が違った勉強を続けているということです。

当然の話ですが、東京から九州へ行くという時に、北海道行きの飛行機に乗っても九州には辿り着きませんね。つまり、英語を身につけるためには、英語を身につけるための然るべき、適切な道を選ばなければならない、ということです。

これを「方向性」といいます。

悲しいことに、大多数の日本人は、英語を勉強する時に中学校や高校、大学で習った学習法に基づいて勉強やトレーニングを行おうとします。なぜなら、それしか勉強方法を知らないからです。

しかし、日本の学校で習う英語の勉強というのは、主に試験で良い点を取るための知識を機械的に暗記することがメインとなります。最近になって会話重視と言われるようになりましたが、それでも成績をつける際に客観的な評価基準(試験結果)が必要ですから、本質が変わることはありません。

では、適切な方向性をもった英語の勉強、英会話の上達法とは、一体どんなものでしょう。それは「実際に使われている生の英語」を重視した形の英語の勉強です。

つまり、教科書や参考書といった「英語学習者のために作られた英語」を主体にするのではなく、英語圏で今、この瞬間に、実際に使われている「生の英語」を主体としたリアルな英語学習です。

これは、OJT(On the Job Training) のようなもので、要するに教科書的知識は後回しでいいから、まずは実践の海に飛び込んでみろ!…という形の英語学習です。

そして、実際に使われている生の、リアルな英語に基づき、英語の勉強を進めていきます。ネイティブが実際に話している英語の音声を聴き、わからない単語や表現があれば、その都度調べ、覚えていく。

英語圏で日常的に読まれている英文があれば、それを読んでみてわからない単語や表現があれば、その都度調べ、覚えていく。そのようにしてため込み、自分用にアレンジしたリアルな英語表現(これをラインと言います)を、実際の英会話で積極的に口に出して使ってみます。そしてそれを繰り返す…。

まさにこれが、英語習得の王道であり、唯一の上達道と言えるわけです。そして、手前味噌になりますが、それを実践出来るのがラインマスター毎日英語塾なのです。

■ ラインマスター毎日英語塾(7/11)タレコミ情報 ■

今日はTOEIC(R)テスト対策の勉強をしました。実際の製品紹介(英文)を読み、リーディング・パートの例題を解いてみました。明日はリーディングですので、また何か興味深い英文を読んでみようと思っています。

あなたも今すぐ参加しませんか?安いし、楽しいし、何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^ 今ならマスタープログラム受講で6ヵ月間無料です!

↓↓↓

http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ