ディクテーションの本当の目的を知っていますか?

このメルマガの読者であれば、ディクテーションというトレーニングをご存知かと思います。ディクテーションというのは、英語の音声を聴き取り、内容をすべて書き起こすという高負荷のトレーニングです。

日本語を聴きながら文字を書き起こす作業も大変ですから、英語を聞きながら…というのは非常に難しいトレーニングであることがおわかり頂けるでしょう。

一般に、ディクテーションでは英語の音声を一文聴いては止め、必要に応じて何度も繰り返し聴きながら聴き取れた語句を一字一句逃さないように書き留めます。

で、これをリスニングの練習に応用している人は多いのですが(実際、リスニングのトレーニングとして紹介されることが多いです)、純粋な「聴き取り」のスキルを身に付けるという意味ではあまり効果はありません(全く無いわけではありませんが)。

むしろディクテーションはスピーキングの力を養うのに役立ちます。なぜなら、英語の音声を文章化することで、実際の英語ではどのような表現が用いられているのかを自分の目で確かめることが出来るからです。

例えば、英会話スクールやオンライン英会話等を利用されているのであれば、一度あなたの英会話を録音してディクテーションしてみて下さい。または、ネイティブどうしの会話音声があれば、それをディクテーションしてみると良いです。

そこには一般の書店等で売られている英会話の表現集等で紹介されている陳腐な会話フレーズ例とは大きく異なる、生の英会話表現がたくさん含まれています。

実際、ディクテーションというものは、このような生の英語のフレーズ(渡邊式では「ライン(セリフ)」と言っています)を抽出するための作業に他なりません。

一字一句聴き取れたか、聴き取れなかったかで一喜一憂される方が多いのですが、実際の英会話では、ディクテーションのような「厳密な聴解」によって聴き取っている人なんていません^^;

皆、大意を汲み取って、相手が言わんとしていることを推測し、自分なりの解釈を「でっち上げて」いるだけなのです。そして、リスニングはそれで成立するものなのです。

したがって、ディクテーション自体をリスニングの練習だと思わない方が良いです。それは、英会話の(特に口語の)音声に特有の表現(音声的ボキャブラリー)を抽出するための「地道な作業」です。

もちろん、聴解力の訓練にまったくならないわけではありませんが、それはどちらかと言えばスピーキング時に有用となるラインやライン・パーツ(フォーム)の抽出に役立つ作業です。

それを知っておいて下さい^^

■ ラインマスター毎日英語塾(7/4)タレコミ情報 ■

昨日は大人気のリスニング、VOAからRoute 66 に関する音声を使った聴き取りトレーニングを、そして今日はTOEIC(R)テスト対策として、頻出の「広告文」に関する例題を三つ実践しました。最近、特にTOEICのスコアが上がった!ものすごく聴き取れるようになった!という嬉しい声をたくさん頂いています(今度、まとめて紹介させて頂きますね)。

あなたも今すぐ参加しませんか?安いし、楽しいし、何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ