どんどん忘れて下さい、その繰り返しで身に付くのです

英語だけでなく、すべての「勉強」に暗記・記憶はつきものですね。新しい言葉を身につけるのであれば、単語や表現、フレーズ、発音、文法等々を覚える必要があります

で、毎日皆さんは英単語や熟語、英文法知識を覚えようとしているわけですが、よくこんなコメントを頂きます。

「今日勉強したことを、明日になると忘れているんです」

「前回覚えた単語を一つも覚えていません」

「何回繰り返しても身に付かないんです」

なるほどなるほど。確かに、一所懸命に勉強したことを、右から左へと忘れてしまっては何のために勉強をしているのかわからなくなりますよね。

特に、1ヶ月、2ヶ月先になって忘れるというのであれば仕方がありませんが、昨日覚えたことを今日覚えていないというのは少しショックです。

しかし、どうか安心して下さい。それって、本当に普通のことなんです。みんなそうなんですよ。

例えば今日、英語のリーディングの勉強をしたとします。その中で新しい単語を10個覚えた。何回か繰り返し確認して、日本語から英語、英語から日本語の二通りの訳を完璧に覚えることが出来た。

あ~良かったと思って、グッスリ眠って翌日もう一度単語の確認をしてみると…ウーン困った。三つしか覚えていない^^; あとは全然覚えていない。…なーんてことがありますが、そんなのは誰でも同じです。

ましてや、1か月前に覚えた単語なんて使っていなければ100%忘れていますよ。英語なんてそんなものなんです。

だから、「繰り返し」が必要なのです。もともと単語でも熟語でも、文法でも、英語圏に住んでいて毎日浴びるように英語と接していなければ、秒単位で忘れていくものです。

では、どうすれば良いか?それは簡単です。

どんどん忘れて構わないので、どんどん繰り返して覚えることです。

「忘れること」を前提に「覚える」なんて、何かとんでもなく不毛な気がしますが、実はこれが案外効果的なのです。忘れることを覚悟で、とにかく繰り返す。むしろ忘れようと意識してみて下さい。今度は忘れられなくなりますから^^

忘れたい思い出がなかなか忘れられないということがありますが、それと同じようなものです。要は、そのことを何度も思い返すこと。繰り返すんです。すると、自然と強固に頭の中に残っていきます。

避けたいのは「すぐに忘れてしまう」といってやる気がなくなってしまうこと。または自暴自棄になってもういいや!とサジを投げてしまうことですね。

人間は忘れる生き物であるという本質を知り、「ま、いいさ」と軽く開き直ってシンプルに繰り返してみて下さい。多分、覚えられるようになります^^

■ ラインマスター毎日英語塾(6/29)タレコミ情報 ■

今日は金曜日、ラインの作り方(英訳の仕方)について実例を挙げて勉強しました。明日は週末ですので、少し肩の力を抜いて楽しめる話題をお届けする予定です^^

あなたも今すぐ参加しませんか?安いし、楽しいし、何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年6月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:暗記・記憶法

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ