リーディングとリスニングはイヤになるほど繰り返すと良いんです

リスニング(ヒアリング)トレーニングに使う音声にしても、リーディング(多読等)トレーニングに使う英文にしても、比較的長めのものを一回だけ使って終わりにしてしまう人が多いですが、実はこれはあまりお勧めできないのです。

長編の洋画や、小説を楽しみながら…という英語学習はもちろん効果的ですし、何より「楽しみながら」出来るので良いのですが、もし「鑑賞」よりも「英語力向上」を目的としているのであれば、より短めのものを繰り返し読んだり、聴いてみたりすることをお勧めします。

例えば、英語音声で言えば、洋画も良いですが、海外ドラマの一回分を何度も何度も繰り返し視聴すると良いです。これはもう、登場人物のセリフとか、すべて自然に覚えてしまうくらい繰り返すといいんですね。

多読トレーニングの場合は、例えばハリーポッターとか、長編の小説をダラダラと読むわけですが、それよりは30分程度で読めてしまう短いストーリーを、同じように何度も何度も繰り返し読み込むと良いです

いずれの場合も、「もう飽きた」「もうイヤだ」と思えるくらいしつこく繰り返すと最高ですね^^ 登場人物のセリフはもちろん、単語や慣用表現に至るまですべてを完全に覚えてしまうくらい何度も読み、聴いてみて下さい。

不思議なことに、この方法でトレーニングを行った方が聴解力も読解力もより効果的に身につくものです。そして、完全に「制覇した」と感じたら新しいものに移ると良いでしょう。

一番いけないのは、ちょっと読みかじったり、聞きかじったりしては、すぐに新しいものに目移りすること。これをやっていると、なかなか力がつきません。

短めのもの一つをしつこく繰り返す…、これが鉄則なのです^^

 

■ ラインマスター毎日英語塾(6/19)タレコミ情報 ■

今日は大人気のリスニング・トレーニングの日でしたのでVOA Special English の最新音声を聴いてみました。明日は TOEIC(R) 対策をお送りする予定です。

あなたも今すぐ参加しませんか?安いし、楽しいし、何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ