英語の習得は「準ポジティブ思考」でいくと気が楽になります

ポジティブ思考なんていうと、あぁまたその手の話かと思われるかも知れませんが、今日のお話はその辺のありきたりな自己啓発本の受け売りではありません。

その名も「準ポジティブ思考」のお話です^^

準ポジティブ思考とは何でしょうか?

人間何でも「ポジティブにいこうよ」とか「明るく前向きに!」なんて合言葉のように言い合うわけですが、実際のところ、どれだけの人が心の底から「ポジティブ」なれているのでしょうか。

人前では人一倍明るく振る舞う、一見「太陽のような人」も家に帰って一人きりになるとドーンと暗く落ち込んでいるのかも知れません。

そもそも、ポジティブであり続けることは大変なエネルギーが必要です。それだけ、ネガティブなことがこの世には多いからです。英語の勉強一つ取っても、順調に英語力が身に付く人なんてそうそういないのです。

皆、何だかんだでスランプを体験したり、壁にぶち当たったりしながら英語を話せるようになるわけですね。

ずーっとリスニングの練習をしていてもなかなか聴き取れるようにならない辛さ、英会話で言いたいことが言えないもどかしさ、大間違いをして穴があったら入りたくなるほどの恥ずかしさを経験したり、、、まぁネガティブなことは避けられないんです。

そんな時に「ポジティブになれ!」「前向きに捉えろ!」と、ナントカの一つ覚えのように言われてもなかなかピンときませんしそう言われれば言われる程辛くなってしまうものです。

で、そんな時に効果的なのが「準ポジティブ思考」というもの。これは、決して100%ポジティブになれと言うものでなく、「ま、ほどほどの結果でいいか」「これだけ出来てりゃ上出来か」という、言ってみれば「半分ポジティブ」みたいな物の捉え方です。

例えばリスニングでも「これだけ聴き取れりゃ大したもんだ」「ま、これだけ理解できればいっか」といった感じで結果を受け止められると非常に気が楽になります。

TOEIC の結果でも「ま、いっか」と捉えることが出来れば次回の試験も頑張ろうという気になります。そこを無理に「ポジティブに~!」「前向きに~!」と言っても人間なんですから、辛くなってしまいますね。

だから、ローラのように「オッケー!」と言って舌をペロッと出していれば、それが最高なのです^^

実はこの「準ポジティブ思考」最近私も実践しているのですが、本当に気がラクになりますよ^^

ま、いっか!ってね。

 

■ ラインマスター毎日英語塾(6/15)タレコミ情報 ■

今日は金曜日、ライティングの日でした。実際のラインの書き方を先週からシリーズでお届けしています。明日は週末なので少し肩の力を抜いて楽しい話題をお届けする予定です^^

あなたも今すぐ参加しませんか?安いし、楽しいし、何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ