英文リーディングは謎解きパズル・推理ゲームそのものだ!

英語の多読を楽しめる人は、きっとパズルや推理ゲームが好きかも知れません。なぜなら、英語を読むことはまさに「謎解きパズル」「推理ゲーム」そのものだからです^^

英語を読むのが得意な人は、一文一文詳しく読むのではなく、大雑把に、文の大意を汲み、そしてその中から読み取れたキーワードを元に、英文の内容を推測していきます。これはまさにリスニングにも通じる理解の手順ですね。

一般に、完璧主義な人や、少しでもわからないと「ムキーッ!」ってしまうタイプの人は英文を読んだり、英語音声を聴いたりという「インプット系」のスキルが苦手です。

例えば、英文を読んでいて、一つの文で何個かわからない単語があったり、英語音声を聴いていて、やはりわからない単語や表現が続いたりすると、そのタイプの人はパニックに陥ります。

「うわーもう、わかんねー!号泣となってしまうのです^^;

一方、英語のインプット系スキル、すなわちリーディングやリスニングが得意な人は、多少わからないことがあっても、そのまま読み進めたり、聴き続けたりすることが出来ます。

逆に言えば、そのような「穴」があればあるほど、ワクワクしてきてしまうんですね。一体、その穴に入るのはどんな言葉なんだろう、どんな意味なんだろうと推測するのが楽しくて仕方がないんです。

それは、まさにパズル・ゲームのようなものです。難解であればあるほど、読解・聴解出来た時の快感は大きくなります。「なるほど~!」と理解出来る瞬間の快感というのは、まるで、ジズソーパズルのピースが「ぱちっ」と音を立てて然るべき場所にはまる時の快感と似ています。一度体験したら、やめられなくなるのです。

多読トレーニングやリスニング・トレーニングが少しでも辛く感じたり、つまらなく感じるようであれば、少し観点をずらし、「謎解きパズル」「推理ゲーム」のようなものだと思って楽しみながらやてみると良いです^^

ぜひ試してみて下さい。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年6月6日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リーディング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ