神経質過ぎる日本人

今日は「神経質過ぎる日本人」のお話…(^^;
ドキッとした人、多いのではないでしょうか?

私も含め、外国人と比べて日本人は特に「神経質」です。

その神経質さ、繊細さによって優秀な工業製品等を世界に出しているワケ
ですから、それは誇るべき国民性なのかも知れませんが…。

殊に英語を話すことにおいてはこの「神経質さ」が大きな障害となります。

せっかく外国人が「ハーイ!元気ぃ~?」って声をかけてくれても

「私の英語は間違っていないだろうか…?」
「変な英語を使って笑われないだろうか…?」
「こんなこと言って恥ずかしいのでは…?」
「この文法は合っているのだろうか…?」
「この単語の発音記号は確かこうだったよな…?」

…そんな小さな、細かいことばかり神経質になって気にしているものだから、
せっかくの楽しい会話が台無しになってしまうのです。

ここで、もう一度英語って何のためのものか、その辺りを再確認した方が
良いかもしれませんね。

確かに人によって目的は異なるかも知れませんが、英語が何のためにある
のかと言えば、それは「コミュニケーションのツール」なわけです。

人と話すための、意思疎通をはかるための、単なるコミュニケーション
ツールの一つに過ぎないのです。

ということは、かなり荒っぽい言い方にはなってしまいますが、英語とは
早い話「通じりゃOK」の世界なわけです。逆に言えば、どんなに正確な
英語でも通じなければ意味がないということ。

この辺りをまずよく理解しておきましょう。

そして、あなたがもし超一流の同時通訳者を目指されているのであれば
話は別ですが、普通の英会話においてはあなたがそれほど神経質になる
ほどの高度な英会話の要素(発音、文法、ボキャブラリー等)は要求
されません。誰も、日本人のあなたにそこまで期待してませんから(^^)

いいですか、英語を話す時、あなたは「ガイジン」さんなのです。

「ワターシハ、エイゴガ、スコシダケハナセマース!」

そんな感じでいいのです。逆に日本に来ている外国人で上記のように日本語
を話せたら「わ~すごい、日本語うまいね」って言うでしょう?
コイツ幼稚な単語しかしらないな、なんて思わないでしょう?

だから、まず変なプライドは捨てましょう。

発音も、文法も、ボキャブラリーも最初は捨てれば良いのです。
そんなものは後から、いくらでも上達しますから。
最初から気にしない~、気にしない~、気にしない~(一休さんかい?)

それより問題なのは、元気よく、前を向いて、相手の目をしっかり見て、
笑顔で、大きい声で、はっきりと、楽しそうに、堂々とに英語を話すこと!

極端な話、それだけ出来れば英語は半分も話せるようになったようなもんです。

それだけ、元気よく、前を向いて、相手の目をしっかり見て、笑顔で、
大きい声で、はっきりと、楽しそうに、堂々と英語を話すことが出来る日本人
がいないということでもありますが。

難しい単語をわざわざ使うことが「=英語が話せる」と勘違いしないで下さい。
たくさんのボキャブラリーがあることが「=英語が話せる」ことだと思わない
で下さい。
難解な文法の知識があれば「=英語が話せる」とも思わないで下さい。

実際、面白いデータがありまして、ネイティブが日常英会話で使う英単語
の数って平均すると300語程度しかないそうです。それも大半が中学英語で
習う単語ばかり、数パーセントが専門的な単語だということなんですね。

簡単に言えば300語程度のボキャブラリーがあれば、日常英語は事足りて
しまうということです。これは本当です。

それなのに、日本人は難しい顔して眉間にシワ寄せて単語帳とにらめっこ
してますよね。

そんなシリアスになんなくても大丈夫です。Don’t worry, be happy!!

日本人よ、どうかもっとラクーに生きようぜ!

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ