リスニングの決め手は「相手の立場になって〇〇すること」

いつも聞かれるのが「英語を聴き取るためのコツは何ですか?」という質問です。

英語を聴き取るためのコツは色々とあるわけですが、一番重要なのは「推測力」だと答えています。「推測力」というのは、要するに相手が何を言おうとしているのかを先に考えることですね。

英語のリスニングが苦手な人の特徴として、すべてを受け身で聴き取ろうとしている姿勢が挙げられます。

つまり、相手が話していることを、言い方は悪いですが「馬鹿丁寧に」すべて聴き取ることが重要だと思い込んでいるんですね。

もちろん、それが間違っているわけではないのですが多くの場合、その方法で聴き取ろうとすると失敗します。

第一、英会話などにおいて相手が話している英語を一字一句逃さずに聴き取ることが出来るのはネイティブ並の聴解力がある人だけです。

日本人が第二習得言語として英語のリスニングを行う場合、聴解力の差はあっても、結局は「推測力」や「想像力」によって理解を支える必要があるのです。

この時重要なのが「相手が言おうとしていること」を、「相手の立場」になって「自分だったらこう言うだろう」と想像して推測することです

つまり、相手が話す実際の言葉よりも、それに先立つ自分なりの推測や想像がとても重要ということです。おそらく、相手はこんなことをこれから話すんだろう…と先に待ち伏せて、先手先手で想像・推測して理解するということですね

こうやって言葉で説明すると少し難しい感じがしますが実際、私たちが日本語を話す時、私たちはそのような形で相手の話す言葉を推測し、理解しているんですよ。

そして、相手の実際の発言というのは、それを確認するために後から続くようなものなのです。なぜなら、一般的な日常会話というのは、ほとんどの場合、同じことの繰り返しであったり、常識的な範疇の中での内容に限られます。

つまり、推測がしやすいんですね。あまりに突飛なことが話題に上らない限り、ほとんどの場合は常識の範疇で推測が可能です。

したがって、英会話の際は、常に相手の立場に立って、自分が相手だったらこういうことを話すだろうという意識を常に持ち、先手先手で相手の発言の先を想像し、推測しながら聴き取るようにすると良いです。

初めは難しいかも知れませんが、そのような聴き取り方を癖にすると、リスニングがとてもラクになります。

ぜひ、試してみて下さい^^

 

■ ラインマスター毎日英語塾(5/10)タレコミ情報 ■

今日は木曜日でしたのでリーディングのトレーニングをお送りしました。カナダの湖で謎の生物が…という興味深い記事を題材にしました。明日はライティング講座をお送りします^^

あなたも今すぐ仲間に入りませんか?^^ 1日10分のシンプルなメール講座「ラインマスター毎日英語塾」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年5月10日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ