こんな気持ちイイ季節だから気分盛り上げて一気に英語マスターしよう!

人間の行動と感情というのは密接に関係しています。…なんて書くと、何となく難しい話のような気がしますが^^; 簡単に言うと、人はその時の「気持ち」で自分の行動を決定するということです。

例えば、買い物なんかが良い例です。週末にショッピングに行って、あなたが何かを買うとします。お店の雰囲気、店員さんの接客態度、天気、その他あなたの気持ちを左右するさまざまな要素によって、あなたはそこで買い物をするか、しないかを判断しますよね。

どんなに欲しい物があっても、最終的にあなたの気持ちが「そこで買いたい気分」にならなければ、あなたは決して財布を開くことはないでしょう。

それはお店の雰囲気が何となく陰気臭かったり、店員の態度が気に入らなかったり、ドシャ降りの雨で気が滅入ったりしただけでもう「買いたい」とは思わなくなってしまうのです。

逆に言えば、さして必要がないものであっても、お店の雰囲気がステキだったり、店員さんが面白い話をしてくれたり、気分を盛り上げてくれたりすると…あなたは何も考えずに買い物をしてしまうかも知れません。

これは、買い物だけに限りません。人間の行動というものは、その時の気分(感情)によって左右されやすいものなのです。実際には、熟慮して、考えあぐね、理性的に判断して行動に移すような気がしますが、最終的な判断をするのは常に【感情】です

で、英語の勉強の話に戻りますが^^; 英語の習得をスムーズに進めることが出来る人というのは、自分の気持ちを盛り上げることに長けている傾向があります。つまり、英語の勉強という「行動」に移す際、自分の気持ち・テンションを最大限に盛り上げてから、勉強を始めるということですね。

例えば、私が昔よくやっていたのは、お気に入りの洋楽や洋画を視聴して、アメリカのロックバンドや俳優のカッコいいイメージで頭の中を満たし^^、自分もその一部・仲間になるように自分の感情を高めてから、英語の勉強を開始するということです。

どのように感情・気持ちを高めるかというのは、個人によって色々とあると思います。海外旅行で肌に感じた外国のステキな空気を思い出すのも良いでしょう。あなたが外国人と和やかに英会話している場面をイメージするのも気分を盛り上げる一つの手です。

そのように自分の気持ちをグンと高めてから、英語の勉強を始めると、なかなか挫折しません。なぜなら、英語と接していることが楽しくて仕方がなくなるからです。

多くの日本人は、英語の勉強というと、学生時代の退屈でつまらない英語の授業を連想します。単語を詰め込み、文法の問題を解き、カッコ悪い英語教師の下手くそな発音を聞かされ…というマイナス・イメージが思い浮かぶわけです^^;

そのような気分・感情・心の状態では、なかなか英語の勉強を楽しむことが出来ません。行動に移すことが出来ない、または移すことが出来ても長続きしないのです。

したがって英語の勉強をする前には、あなたの感情、気持ち、気分を最大限に高め、英語を話している時の気持ちよさやカッコよさ、優越感や、爽快感を最大限にイメージしてから勉強に移すようにしましょう。

実はコレ、かなり重要なヒントなんですよ^^

ぜひ、参考にして下さいネ!

 

■ ラインマスター毎日英語塾(5/8)タレコミ情報 ■

今日は火曜日ということで、大人気のリスニング講座をお送りしました^^ Yahoo! Screen より、クラウディア・ウェルズのインタビュー音声を聴いてみました。明日はTOEIC(R)テスト対策をお送りする予定です。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ