日本人はもっと自分たちの英語力に自信を持って良いと思うんです

昔、アメリカで英語学校に通っていた頃の話です。

英語学校というのは、アメリカの大学に入学する前に一定の英語力が要求されるために、非英語圏からの留学生が集中的な英語のトレーニングを受けるために通う施設のことで、留学生を受け入れる規模の大学であればたいていどこでも併設されています。

このような英語学校には南米、中東、アジア等々の地域からたくさんの留学生(予備軍)が集まります。もちろん、日本人が一番多いです(今はどうなのかな?)。

で、他の国からの留学生というのは、既に立派に英語でコミュニケーションが出来る学生ばかりなんですね。もう普通に、先生や他の国からの留学生と英語でペラペラ楽しそうに話しているんです。

だから、最初にそれを見た時、なぜこいつらは英語学校に通う必要があるのか?と疑問に思ったものです。「もう立派に英語を話せるじゃないか…なぜ余計な学費を払って(英語学校の学費は結構バカになりません)英語の勉強をしているんだろう?」と不思議に思ったのです。

しかし、グラマー(英文法)やライティング(書き)のクラスになると、その理由がよくわかりました。実は、彼らの多くは英語を話すことは出来ますが、文法をまったく知らないのです。リーディングも苦手な学生が多かったです。

一般に、日本人は高校受験や大学受験などで英文法を一通り勉強していますので、実はそれなりの文法力はあるんですね。だから、英語学校のクラス分けテストなどでも、ペーパー試験には慣れている日本人が割とレベルの高いクラスに振り分けられてしまい、後で苦しい思いをすることが多いのです。

ここからわかることは、日本人はもう少し自分たちの英語力に自信をもった方がいいということです。ハッキリ言って、文法力も語彙力も、日常英会話のレベルで言えば十分過ぎるレベルに達している人が大半なんです。

しかし、それでも日本人は「英語が話せない」と言い張ります。よくアメリカ人が日本人に Do you speak English? と尋ねて、 No! I can’t speak English! としっかりした英語で返答するのが滑稽で、それを冗談として語られることが多いのですが、まさにそういうことですね^^

想像してみて下さい。金髪で目の青い「いかにもガイジン」といった風体のアメリカ人に「日本語話せますか?」と聞いたら「いいえ、私は日本語を話せません」とキッパリと答えられたら「アンタ、今立派な日本語を話したじゃん!?」と思いますよね^^

そういうことなのです。

だから、もう少し日本人は自信を持った方が良いです。そして、自信を持っている人(英語で self-assured と言いますが)は概して英語が上手です。出来ない、出来ない、無理、無理ィ~!と言っている人はいつまでたっても英語が下手です。

この辺りは少し図々しいくらい、自信過剰でいくとちょうど良いんです。少しでも英語を話せたら Yes, I do speak English! と言ってやりましょう。どんどん積極的に!ガンガン前進!間違ってもいいから、とにかく話す!いいから話す!

それが英会話上達の秘訣です。

 

■ ラインマスター毎日英語塾(4/24)タレコミ情報 ■

今日は火曜日でしたのでリスニング・トレーニングを実践しました。来週ゴールデンウィークということで「こいのぼり」に関する英語音声を聴いてみました^^

「ちょっとやってみようかな…」と感じた時が「始め時」です^^ 今夜中にお申込み頂けたら明日より最新講座お届けしますので、今すぐお申込み下さい^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ