結局、独学で英語を身につけることは不可能なのでしょうか?

英語の学習者というのは孤独な兵士そのものです。確かに、英会話スクールや学校へ行けば、そこにはインストラクターや勉強仲間がいます。しかし、ひとたび家へ帰れば…そこで待っているのは孤独な英語学習です。

一人でリスニングの練習をしたり、TOEIC(R)の受験勉強をしたり、私のメール講座の受講生であっても皆パソコンの前に座って黙々と、孤独に英語の勉強を続けているのかも知れません。

もちろん、英語は独学でも身につけることは可能です。綿密な目標設定と、適切なスケジューリング、そして進捗管理さえ出来れば、誰もが必ず結果を出すことが出来るでしょう。

しかし!!!

そんな英語独習者に襲い掛かる「魔物」がいるのも事実です。それは「怠け」「挫折」「飽き」「三日坊主」「マンネリ化」といった魔物たちです。

こういう魔物は実に狡猾で、英語独習者の心の隙を見つけては巧みに英語学習の邪魔をしてきます。例えば、TOEIC(R)の勉強計画を立てた途端、仕事が忙しくなり突然の残業続き…もうそれだけで出ばなをくじかれてしまいますよね。

仮に順調なスタートが切れても、付き合いの飲み会があって勉強計画に遅れが出てしまうともうダメ。1日の遅れが2日に、2日の遅れが3日、1週間となり…気付いたら英語の勉強なんて一体何の話?となっていることもよくある話です。

それと、女性に多いのが「気分的な問題」です。

よし!始めよう^^ と意気揚々に英語の勉強を始めたはいいもの、今日は何だか気分が乗らないなぁ…面倒臭いなぁ…なんて日が2~3日続くともうやる気がなくなってしまう。

教材を買うだけ買って、結局何も手を付けることが出来ない…なんていうのも女性に多い特徴なのです。

では、どうすれば英語の独習者がしっかりと計画に従ってモチベーションの低下もなく、常にやる気を維持しながら気持ちよく英語の勉強を続けられるのでしょうか?

その答えはスポーツ選手やダイエットなどの「個人トレーナー」にあります。個人トレーナーというのは、言ってみれば個人専属のコーチのことですね。その人専用の目標設定から実践内容の計画、指導、進捗管理、モチベーションのアシスト、フォローアップ、スケジュールの調整から最終的なゴール達成までを請け負う「指導のプロ」です。

実際、確実に英語習得の結果を出したいのであれば、そのような英語の「個人トレーナー」に専属で指導してもらうのが一番です。何と言っても、一人で勉強を進めるわけではないので、常にアドバイスをもらうことが出来ます。また、進捗報告をすることによって「サボったり」「怠けたり」することが出来なくなります。もちろん「言い分け」もです^^

ただ、人間は調子の良い時もあれば悪い時もあります。上述の通り、残業や飲み会など、第三者による不可抗力があれば勉強計画が思い通りに進まないこともあるでしょう。そんな時も個人トレーナーは柔軟に勉強計画を再調整してくれます。つまり、常に最適化された勉強・トレーニング内容を実践出来るということですね。

そして鮮やかなまでのゴールへの導き。まさに芸術的なランディング(着地)を実現してくれるのがプロのコーチ、プロのトレーナーというわけです^^

 

■ ラインマスター毎日英語塾(4/18)タレコミ情報 ■

今日は水曜日ということで、TOEIC(R)テスト対策としてリーディング・セクションのパート7攻略の秘訣について詳しく解説しました。明日はリーディングですので、また実際の英文記事等を題材にトレーニングしたいと思っています^^

こうしている間にも受講生はどんどん先に進んでいます。あなたも是非この機会に仲間になりませんか?今夜中にお申込み頂ければ、明日からメール講座をお送りできますので^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ