今はまだ英語の勉強を始める時ではないと決めつけていませんか?

面白い話があります。

ある人は、いつも物事の決断に慎重で「まだ今は始める時ではない」が口癖です。常に「時期尚早である」と考え、なかなか前に進もうとしません。

もう一人は、その真逆の性格で、何か思いついたらすぐに飛びつきます。チャンスだと感じれば即行動に移すのです。もちろん、そんな性格ですから色々な失敗や痛い思いを経験しています。しかし、その分大きな成功も手に入れています。

慎重な人は、そもそも行動に移すことがないので、大きな失敗をすることはありません。しかし、当然ながら大きな成功を収めることもないのです。

どっちが良いか?とは一概に言えないかも知れません。が、どっちがよりワクワクした人生を送っているかと言えば、無論「即行動に移せる人」の方でしょう。確かに、失敗や痛い思いをすることもありますが、それに勝る「成功」の達成感を得ることが出来ます。

これは英語の習得にも言えることです。

英語を話せるようになりたいと思って、まず英語の勉強を始めようとする時、「よし今日から始めるぞ!」と即行動に移せる人は成功する確率が高いです。

一方、英語を話せるようにはなりたいけれど、今は仕事が忙しいから…、今はまだその時期ではないから…と自分で色々な言い訳をして、勉強の開始を先延ばしにする人は残念ながら、なかなか英語力を身につけることは出来ないでしょう。

私はこれまでにたーくさんの英語学習者の悩みを聞いてきました。いつも真剣にアドバイスをして、その方が本当に英語を話せるようになれればいいと思って、さまざまな提案をしてきたのです。

そんな英語学習者の中で、私のアドバイスを即実践に移せた人は例外なく、その後のメールで「話せるようになりました!」「聴き取れるようになりました!」という嬉しい報告を送って下さります。

しかし、そうではない人…なかなか実践に移せなかったり、今はそういう(英語の勉強を始める)時期ではないからと言い訳をしたりする人は、いつまで経っても結果を出すことが出来ません。

結果云々の前に実践(行動)に移せないのですから、ある意味習得できるものも習得出来るわけありませんね。

物事に慎重なことは良いことですが、「今はまだその時期ではない」「そのうちタイミングが来たら実行に移す」と言っている人はすべての信号が青色になるまで出発できないんです。

そして、ここが重要な点ですが、すべての信号が青になるなんてことは、人生においてまず起きないのです。

つまり、その時期を待っていたら、いつまで経っても実行に移すことは出来ません。「石橋は叩かずに渡れ」というのは、まさにそういうことなのです。

とにかく、いいから実行に移す。

とにかく、いいから実践に移す。

とにかく、いいから行動してみる。

もしあなたが「今はまだ英語の勉強を開始する時ではない」と自分に言い聞かせているのであれば…悪いことは言いませんから、今すぐに右足を踏み出して下さい。右足を出せば、左足が出ます。

行動力とはそういうことなのです。

■ ラインマスター毎日英語塾(3/31)タレコミ情報 ■

今日は土曜日でしたので、洋楽の歌詞紹介としてカーペンターズの曲を題材に皆で勉強しました。明日は受講生からの質問への回答とアドバイスをお送りします^^

あなたも今すぐ参加しませんか?今夜中にお申込み頂ければ、明日より講座をお送りすることが可能です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ