史上最速で英語を話せるようになった私の友人の話

これまでに色々な人が英語を話せるようになっているのをこの目で見てきているわけですが、その習得のスピードというのは人によってさまざまです。

ある人は、私が英語の勉強を始める前(20年以上前!)から続けていますが、外国人を前にしても一言も発することが出来ません…。ハッキリ言って気の毒なレベルです^^;

一方で、史上最速(と私が勝手に思っている)で英語を身に付けた友人もいます。彼は、わずか1ヶ月足らずで、いわゆるバイリンガル・レベルになってしまいました。発音も完璧です。

こんなことを書くと俄かに信じられない!と思われるかも知れませんが、本当の話なので仕方がありません。出来ることなら、彼が話す英語を皆さんに聴かせたいくらいです。

で、なぜその友人はそんなに短期間で英語を話せるようになってしまったのか?という話なのですが、そこには「悔しい」というか「羨ましい」理由があります^^;

それは…。

彼には非常にかわいいアメリカ人の彼女がいるのです。実際、反対のパターン(アメリカ人男性+日本人女性のカップル)は多いですが、アメリカ人女性+日本人男性のパターンは少ないですね。

しかも、すごいことに、彼は過去に女性と付き合ったことがなかったのです。初めての交際相手がアメリカ人女性だったというわけ^^ スゴイ話ですよね

で、なぜ彼が英語を超・短期間でマスターしてしまったか?

もうご理解頂けましたね。

そうです、彼は、はじめて出来たアメリカ人の、しかも超かわいい彼女と何とかコミュニケーションを取りたくて、何かを話したくて伝えたくて、その一心でメチャクチャ集中して英語を身につけてしまったというわけです

もちろん、アメリカ人の彼氏や彼女を作ることは、誰にでも出来る話ではありません。しかし、彼の偉業は、私たちに英語習得の根本的な部分を教えてくれています。一番重要な部分です。

それは、英語を身につけるためには、もうどうしようもないくらいの熱意(英語が話せるようになりたい!彼女と英語でコミュニケートしたい!という意気込み)と絶対的な「必要性」が重要ということです。

これがあれば、ものの1カ月でアメリカ人と普通にコミュニケート出来る程度の英語力を身につけることは可能である、ということです。一方で、そのような熱意(意気込み)や必要性、モチベーションの源がない場合には、20年以上ダラダラと英語の勉強を続けていてもまったく芽は出ない…ということなのです。

季節は春。英語の勉強を本格的に始めようという人も、これから再スタートを切りたいという人も、もう一度自分の原点を見つめ直し、何のために英語を身につけようとしているのか、自分のモチベーションの源は何なのかを再確認してみて下さい。

そして、そこに「熱意(意気込み)」や「ドロドロとしたモチベーション」を明確に感じることが出来れば、必ず短い期間で英語を身につけることが可能なはずです

頑張りましょう!^^

 

■ ラインマスター毎日英語塾(3/27)タレコミ情報 ■

今日は火曜日でしたので、VOA Special English から春の話題について英語音声を聴いてみました。明日はTOEICの専門講座をお送りする予定です^^

宜しければ、あなたも一緒に勉強を始めませんか?大丈夫、毎日毎日が「スタートライン」ですから^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ