英会話や英語の試験における失敗を決して放置しないで下さい

人間は誰でも間違いや失敗をおかすことを好みません。英語を話していて、間違えたら恥ずかしいと思ったり失敗したらイヤだと感じるのは、あなたが正常な証拠です^^

しかし、先に厳しいことをお話しておきますが、英語を身につける上で「間違いをおかさないこと」や「失敗せずに英語を話すこと」は不可避です。それは絶対に避けて通ることが出来ない道のようなものと思って下さい。

例えばあなたの周りにも英語ペラペラのかっこいいバイリンガルさん、バイリンガル君がいると思いますが、そんなクールな彼らも非常に泥臭い「下積み時代」が必ずあったのです。

何だかとんでもなくおかしな英語の表現を口に出したり、何度言っても発音が通じなかったり、自分より英語が得意な日本人に「( ´_ゝ`)プッ」と笑われたり…

今はカッコよく英語を話している彼らであっても、必ず大きな失敗の一つや二つ、それこそ顔から火が出るような赤っ恥や、穴があったら入りたい赤面体験をしているものです。

で、この恥とか失敗は誰もが経験することですので、それ自体はどうでもいいのですが、問題は人がこれらの失敗をそのまま放置してしまいがちである…という点です。

例えばTOEICの問題を解いてみて、どれだけの人が間違いやわからなかった問題をきちんと復習するでしょうか。公式問題集を解いたら、それだけで満足してしまって間違いを放置する人がほとんどでしょう。

英会話においても同じことが言えます。その時は外国人に何か聞かれても答えられず、恥ずかしい思い、悔しい思いをするわけですが、いざ会話が終わって家に帰る頃には一体何を言えなかったのか、それさえも忘れてしまうのです。喉元過ぎれば…とはよく言ったものですね^^;

英語の試験や英会話などで失敗をおかしたり、間違ったりした時というのは、言ってみれば神様があなたに「覚えるべきこと」を教えてくれている瞬間だと思って下さい。

その時は顔から火が出そうなくらい恥ずかしい思いをすると思いますが、それは神様が「次は間違えないでね」「しっかり復習しておいてね」と教えてくれているんです。それはとても貴重なアドバイスと言えますね。

だから、英語の上達が早い人や、実際に英語をペラペラと話せるようになった人というのは、そのような間違いを決して無駄にしません。間違えたり、失敗したところは必ず復習し、補強し、同じ間違いは繰り返さないようにするのです。

それが、言ってみれば「転んでもタダでは起きない」という精神です^^ 失敗したら必ずお土産を一つ貰って帰るんです。間違えたら、その倍のプレゼントをもらってくるんです。

「間違いや失敗を決して放置しないこと」

これ、鉄則ですから、絶対に忘れないで下さいね^^

Have a nice weekend!

 

■ ラインマスター毎日英語塾(3/16)タレコミ情報 ■

今日は金曜日でしたのでラインマスター式による英語のライティングの基礎について解説しました。明日は受講生からのリクエストで洋楽の歌詞を使った勉強をします^^

あなたも一緒に勉強を始めませんか?ラインを毎日増やし続けている受講生はすごいですよ!毎日、毎日がスタートラインです^^

↓↓↓

http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ