まさに英会話はエンターテイメント!マジシャン、役者のようなものです

「いつも渡邊先生が言っている【ライン】って一体何ですか?」というメールを最近よく頂きます。まぁ、確かに「ライン」と言っても、「線」とか「釣り糸」とか、そんな意味だと思っている人が大半でしょうね。

ラインというのは、映画や芝居で役者が話す「セリフ」のことです。YouTube で movie lines で検索してみて下さい。洋画の名ゼリフをたくさん観ることが出来ます^^

で、この「ライン」というコンセプトを英会話の習得に応用したのがラインマスター式という習得法です。発案者はもちろん私。

なぜ、英語の習得に「ライン(セリフ)」を用いると良いのか?その理由はたくさんありますが、まず言えることは、英会話において何も考えずに(頭で英作文をせずに)パッパッと英語を口に出せるようになることです。

日本人の多くは、英会話において「ウーン…ウーン…」と考えながら(頭の中で英作文をしながら)英語を話そうとします。この話し方で流暢に英語を話せるようになった人の話を聞いたことがありません。

私の周りにはプロの通訳者をはじめ、ベラベラのバイリンガルが大勢いますが、100人中100人が、頭の中で英作文なんかしながら話していません。皆、あらかじめ頭の中に入っている英語のフレーズ(要するにライン)をそのまま、または適宜組み合わしたりアレンジしたりして口に出します。

ここで「フレーズ」と書きましたが、巷でよくある「フレーズ」を用いた英会話の習得法というのは大昔から存在するわけですが、この「フレーズ」と「ライン」というのは少し意味が異なります。

思い出して下さい。ラインというのは、映画や芝居において役者それぞれに割り当てられた専用の「セリフ」のことを言います。つまり、それはその役者専用の、その役者のためだけの「セリフ」ということです。ここが重要。

英会話のフレーズというのは、「汎用」と「専用」があります。汎用のフレーズというのは、本屋に行けばいくらでも英会話のフレーズ集が売っています。トラベル英会話とか、ビジネス英会話のテンプレートなんていうのがそれですね。

もちろん、そういうのを覚えるのも効果はあります。

が!

本当の意味で英語を使えるようになるためには、【あなた専用】のフレーズ、すなわち【ライン】を準備する必要があるということです。

ここが非常に重要な点ですので忘れないで下さい。あなたの英会話にはあなた専用のラインが必要なのです。実際、今英語を話せる人というのは、自分専用のラインというものを意識している、していないに関わらず、頭の中にたくさんストックしています。

ラインというのは非常に個人的な、プライベートなものなのです。その人しか知らない、感情的なものもあるでしょう。何かに対する想いや信条、理念のようなものもあるはずです。

そして、ここぞという時に口に出す「キラー・ライン」というのもあります。言ってみれば勝負パンツのようなものです^^;「おお、この人の英語はすごい!」と周りに思わせる、勝負ラインですね。

他にも、お笑い好きなら外国人を大爆笑させるようなネタを丸ごと英語のラインで覚えておく人も実際にいます。こういう人は、まるで何も準備していないかのように英語を話しますが実は裏で念入りにネタを仕込んでいるというわけです

こうなると英語を話すことというのは、一つのエンターテイメントですね。手品師(マジシャン)のようでもあるし、ラインという意味では、まさに映画や芝居の役者のようなものであるわけです。

そして、そういうアプローチを心から楽しめる人は…やはり英語の上達が早いです^^

あなたも「ラインマスター式」で英語を習得してみませんか?

 

■ ラインマスター毎日英語塾(3/14)タレコミ情報 ■

今日はTOEIC(R)対策の日でしたので、今週の英文法の流れでto 不定詞を目的語にとる動詞の問題をやってみました。これらの動詞に共通する「ある秘密」も教えました^^

あなたも一緒に勉強を始めませんか?月謝も高くないですし、何と言っても身に付く英語力がハンパないですから^^ ラインを毎日増やし続けている受講生はすごいですよ!

↓↓↓

http://www.loftypub.com/linemastermej/

* メール講座に関するご質問、その他何でも構いませんのでわからないことがございましたらいつでもメールでお尋ね下さい。すぐにご返信させて頂きます^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年3月14日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ