洋画・海外ドラマは英語表現(ライン)の宝庫です!

よく「英会話(教室やスクール)に行かないとダメですか?」という質問を頂きます。

「ダメ」というのは、要するに英語を話せるようにならないか?という意味だと思いますが、決してそんなことはありません。

いつも言っていることですが、英会話スクールや英会話教室というのは、「英語を話す場」を提供してくれる施設です。日本では、なかなか英語を話す機会がないので、そのためにそういう特殊な環境を提供してくれるわけですね。

もちろん、スクールや教室に限ったことではありません。最近ではスカイプ英会話とか、ワンコイン英会話とか、かなり安く英語を話す「場」を提供してくれるサービスがあります。

しかし、重要なことは、これらの「場」や「サービス」は決してあなたに「英語の話し方」や「聴き取り方」を教えてくれる「場」や「サービス」ではない、ということです。

多くの日本人が勘違いしていることに、英会話スクールや教室に行けば英語を話せるようになるということがあります。何度も言いますが、これらの「場」はいわば、あなたの英語力を試しに行く「実験場」です。

日本では英語を話す機会が少ないから、その機会を提供してくれる「力試しの場」なのです。だから、英語を話す方法や聴き取る方法を知らない人がいくら通っても、あまり意味がありません。

それは、留学しても全く英語を話せるようにならないというのと似ていますね。まだ留学の場合は、それでも自分で「話す方法」「聴き取る方法」を体得出来る可能性があるだけマシですが…。

では、英会話スクールや教室に通っている人はどうすれば良いのでしょうか?

どうすれば高い学費を無駄にせずに、効率よく英語力を見につけられるのでしょうか?

そのためには、英会話スクールや教室に行く前に、自分の英会話に必要な単語を調べたり、自分が話したい内容を英語にして覚えて行って下さい。自分が知らないことを話せる人はいません。自分が知らないことを聴き取れる人もいないのです^^

で、こういう話をすると「でも、何を話せばいいのか…」と不安になってしまう人がいます。確かに、今英語を話せない人は一体自分がどんなことを話せば良いのかわからないかも知れませんね。

そんな時には、まず、ネイティブが実際に使っている表現を参考にしてみると良いです。こういう表現は実際の英会話で覚えるのが一番なのですが、もしそういう機会がないのであれば、洋画や海外ドラマの中に出てくるフレーズ(これをラインと言います)を拝借してみましょう

別に字幕を見ながらでも構いませんので、会話のシチュエーションごとに「お、今のセリフはかっこ良かったな」とか「よく耳にする表現だな」というのがあれば、どんどんノートに書き出して丸ごと覚えてしまいます。

この時、少し英語力がある人なら自分のシチュエーションに合わせてアレンジしてみると良いでしょう。そして、このような英語のライン(セリフ)というものは、ノートに書き留めておくだけでなく、必ず口に出して実際に使ってみて下さい。

面白いことに、一度でも勇気を出して自分で使ったラインというのは、その後、強固に頭の中に残ります。そのうち、自分の定番のラインというのが確立しますので、後は無意識にでもポンポンと口から出るようになります。

これが「バイリンガルの作り方」というわけ^^ ちなみに、ラインを覚えれば覚えるほどリスニング力もアップします。当然ですが、「聴き取れる量」というのは「自分が知っているラインの量」に比例するからですね。

リスニング力を上げたいとばかりに、英語の音声ばかり聴き続けている人がいますが、その前に自分のラインの数を徹底的に増やしてみて下さい。それだけでリスニング力は驚くほど向上します。

頑張って!

■ ラインマスター毎日英語塾(3/7)タレコミ情報 ■ 

今日はTOEIC(R)テスト対策として「態」の問題について詳しく解説しました。明日はリーディングですのでまた面白い英文記事をご紹介する予定です^^

こうしている間にもラインマスターの受講生は毎日どんどんラインを増やし続けています。あなたもぜひ遅れを取らないで、この春にグンと差をつけましょう!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

【編集後記】

久しぶりの編集後記と写真です^^ 近くの公園で見かけた桃の花(多分…)。何だかとっても春らしくて、気分もウキウキしました^^ いい季節になりそうです。

momo1 (1) momo1 (2)

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年3月7日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ