リスニングの要約トレーニングで聴解力を爆発的にUPさせよう

昨日ご紹介したリプロダクションやディクテーションという定番のトレーニングは、言ってみれば「英語を厳密に聴き取る」ことを目的としています。

リプロダクションであれば、英語の音声をすべて覚えておきそれを復唱するわけです。ディクテーションの場合は、英語の音声を聴き取り、それをすべて書き出すわけです。

これらのトレーニングは非常に「高負荷」ですので、実際に本腰を入れて挑戦してみると確かに難しいですが、その分効果は絶大で、ほぼ確実にあなたの英会話力を格段に向上させることが出来ます。

ただし、もしあなたが通訳者のような高度な英語力を必要としているわけではなく、単に外国人との日常英会話を楽しみたいとか、海外旅行先で不自由しないレベルの英会話が出来ればそれで良い!というのあれば、もっと簡単なトレーニングをおススメします^^

それが、リスニングの要約トレーニングというもの。

要約というのは、要点だけを聴き取るということです。ディクテーションやリプロダクションでは、すべての語句を一字一句逃さず聴き取るわけですが、要約リスニングの場合は英語音声の要点だけを聴き取れればそれで良しとします。

例えば、洋画や海外ドラマの動画を使って要約リスニングのトレーニングをやるとします。長さ的には数分程度から始めると良いでしょう。

まずは字幕も何も見ずに、ただ英語だけで試聴します。聴き取れた内容をノートに箇条書きでメモして下さい。これは英語でも日本語でもどちらでも構いません。要点だけを簡単に書き綴るのです。

もしまったく聴解出来ない場合は繰り返しても構わないです。この時、あまり細部まで神経質に聴き取る必要はないです。全体的な要点を把握出来れば良いのです。大体の流れを理解出来れば十分です。

次に字幕やスクリプトがあれば、聴き取れた要点と照合(答え合わせ)してみましょう。どこが合っていて、どこが間違っていたかを分析し、間違っていた部分はなぜ間違えたのかをよく考えてみて下さい。

発音が聴き取れなかったのか、聴き取れたとしても単語の意味がわからなかったのか、色々と分析出来るはずです。間違えた部分はそのままにせず、必ず復習し、知らない単語であればきちんと調べて意味を覚えるようにしましょう。

こんな簡単なトレーニングですが、週末にちょっとやってみるだけであなたのリスニング力は爆発的に伸びます。英語の聴き取りが得意な人は、こんなトレーニングを密かにやっているんですよ^^ ぜひトライしてみて下さい!

 

■ ラインマスター毎日英語塾(3/5)タレコミ情報 ■
 

今日は月曜日ということで、英文法の解説として受動態の秘密について詳しくお話しました。なぜ日本人が書く受動態は不自然なのか、その理由についてです。明日はリスニングの日ですので、アメリカの最新ニュースから音声を選んで聴いてみたいと思っています^^

あなたもメール講座に参加しませんか?今夜中にお申込み頂ければ、明日からメール講座を配信させて頂きます。本当に楽しいですよ!^^

↓↓↓

http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年3月5日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ