「話せるよ!」「聴き取れるよ!」と言う人の方が…

日本人って、とても「謙虚」な人が多いですよね。控えめというか、何事も謙遜して「私なんかダメです…」と言う人が多い。

あまり「私は出来ますよ!」「そんなの簡単ですよ!」と積極的に言う人は少ないです。そういう人は、図々しく、または厚かましく感じるからでしょう^^;

例え、かなり自信があることについても、人から出来ますか?と聞かれて「出来ます!」と堂々と言う人は少なく、たいていの人は謙遜して「いや全然ダメですよ」なんて言うのです。

まぁ、それは日本人の美徳というか、価値観のようなものですからいいのですが、英語の習得においては、あまり謙遜し過ぎるのは「考えもの」です。

なぜなら「私なんか話せません」と言っている人がいつまでも英語なんて話せるようになるわけないからです。「私は全然聴き取れません」と言っている人が英語を聴き取れるようになるわけないからです。

これも精神論のような話ですが、実際「私は英語を話せますよ」と先に宣言してしまう人の方が、確実に話せるようになります。先に「英語を聴き取れます」と言ってしまった人の方が実際に聴き取れるようになるのです。

いわゆる「言霊」というやつですね。口に出したことは「真実」になるからです。そんなことを言うと、また非科学的なことを…と思われる方がいらっしゃるかも知れませんが^^;

しかし、先に口に出してしまうことは、意外と効果があるんですよ。「私は英語を話すことが出来る!」「聴き取れる!」と先に口に出すと、不思議と自信が出てきます。そして、それを常に口癖にしていると、本当に自分は英語を話せるんだという気がしてくるのです。

こうなったらしめたもので、「私には出来る!」「勉強すればもっと話せるようになる!」「トレーニングを続ければもっと聴き取れるようになる!」という前向きな気持ちがどんどんプラスに向かっていきます。いわゆるプラス思考の相乗効果ですね。

一方、「私は英語なんて話せない」「聴き取れません」と言っている人は、いつまで経ってもそのレベルから上にあがれません。自分で「話せない」「聴き取れない」と言っているのですから、当然と言えば当然です。

中には謙遜ではなく本当に「無理だ」「出来るわけない」と自分に何度も言い聞かせている「丁寧な人」がいます^^; こういうタイプの人は難しいですよ。何と言っても自分で「無理だ~」「ダメだ~」と言い続けているのですから。そういう人が英語を話せるようになることは、まず無理と考えて下さい。残念ですが。

まずは「話せる」「聴き取れる」と言い切ってしまうこと。英語の世界では「謙遜」は百害あって一利なしです。特に日本人であれば、図々しいほど前向きに「私は話せるよ」「聴き取れるよ」と周囲に言いふらすぐらいでちょうど良いのです^^

ぜひ、参考にして下さい!

 

■ ラインマスター毎日英語塾(2/29)タレコミ情報 ■
 

今日は水曜日ということで、TOEIC(R)のレベル別攻略についてお話しました。明日はリーディングですのでまた面白いトピックを受講生の皆さんと一緒に読んでみようと思っています。

今夜中にお申込み頂ければ、明日からあなたも参加が可能です。この機会にぜひ一緒に勉強してみませんか?とーっても楽しいですよ!^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ