Know the differences! ネイティブの英語との違いを知ろう

英語を上達させるコツというのは、いくつかあるわけですが、中でも一番簡単なのがコレ。

Know the differences between you and native speakers!

ということ。

え?カッコつけて英語で言うなって?^^; まぁ要するに「ネイティブとあなたの英語の違いを知れ!」ということです。

例えば、英会話に臨む際、あれこれと自分が話すことを考えて、英語に訳して覚えておくというアプローチは非常に有効なものですが、いざそれらのフレーズを口に出してみても、何となくしっくりこない…と感じることがありませんか?

他にも、何となく自分が口に出している英語とネイティブが話している英語には「違い」があるような気がするとか、何か自分の英語は変じゃないか?とか、そんな気持ちになったことはありませんか?

実は、その「気づき」はとても大切です。英語を話していて、何となく違和感を感じたら、その時がチャンスです。ネイティブはどういう表現をするのか?自分の英語との違いは何なのか?それを常に気にするように心がけて下さい。

所詮、日本人が話す英語は日本人の英語です。つまり、本場の英語ではない「イカサマ英語」というわけです。(言い過ぎか?^^;)

では、どうすればネイティブのような本場の表現を身につけられるかということですが、それにはネイティブの英語と自分の英語の違いを常に気にして、自分の英語のおかしい部分に気付けばすぐに正す。これが唯一の改善法・上達法です。

これは話す内容(フレーズ等)だけに限りません。発音でも同じように、ネイティブの発音と自分の発音を比較してみて下さい。わからなければ録音したって良いでしょう。とにかく、ネイティブが話す英語と自分が話す英語の「違い」に目を向けるのです。

そこに「差」があるならば、絶対に放置せず、その都度直していく。それだけで今日よりも明日、明日よりも明後日…というようにあなたの英語はどんどん改善され、また洗練されていくはずです。

英語がいつまでも上達しない人というのは、要するにネイティブと自分の英語の「差」や「違い」というものに気付いていないのです。いや、気付いているのでしょうが、それを直視しようとしないのです。認めたくないのです。

誰でも間違いを指摘されるのは好きではありません。「差」や「違い」に気付くことは、ある意味勇気のいることです。それらを正す作業はとても労力がかかる面倒臭いことかも知れません。

しかし、それが出来る人はやはり強いです。英語の上達も早いのです。ぜひ、Know the differences ということで、常にネイティブと自分の英語の「差」「違い」に目を向けるようにしましょう。もちろん、ネイティブだけに限らず、既に英語をペラペラと話せる日本人の英語と比較することもお勧めです。

頑張りましょう!

■ ラインマスター毎日英語塾(2/21)タレコミ情報 ■ 

今日は火曜日ということで、VOA Special English のホイットニー・ヒューストンのニュース音声を聴いてみました。明日はTOEIC対策をお送りします。

今夜中にお申込み頂ければ、明日からあなたにもお届け出来ますので、ぜひ一緒に勉強してみませんか?とーっても楽しいですよ!^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ