捨てたもんじゃありません、カタカナ英語

カタカナ英語と言うと、典型的な日本人英語の発音を指し、多くの場合は「酷い発音」の代名詞のように、ネガティブな意味で使われることが多いですよね。

しかし、私はカタカナ発音を否定しないのです。むしろ、カタカナ発音は大いに推奨したいと思っているほどです^^

もちろん、それは「使い方」にもよるわけですが。

例えば How did you like it? という英文があって、その発音を悪い意味でのカタカナ英語で表すとハウ・ディッド・ユー・ライク・イット?となりますね。

おそらく、ほとんどの日本人が、そんな感じの発音で英語を話すと思いますが、やはりこういうのは悪い例としてのカタカナ発音ですし、私もあまりお勧めはしません。

しかし、こういうカタカナ表記だったらどうでしょう?

How did you like it? → ハゥディジュラィケ?

うん。これなら決して悪くない発音だと思います^^ 少なくとも「ハウ・ディッド・ユー・ライク・イット」よりはネイティブの発音に近いです。

当然ながら、カタカナですべての英語の発音を表すことは不可能です。なぜなら、英語と日本語の発音は根本的に異なるものだからです。

例えば this is a pen. の this という簡単な単語でさえ、その音を日本語のカタカナで正確に書き表すことは出来ません。その音自体 (this)が日本語に存在しないからです

したがって、ある所では「ディス」と書いてあったり、ある所では「ジス」となっていたりするわけですね。ディーゼルとジーゼルとか、シアターとシアトル、ひどい場合はテアトルとか、もうメチャクチャなのです^^;

しかし、そのような限界、制限は当然ありますが、それでも工夫次第では、かなり英語らしい発音をカタカナ英語で表すことが出来るものです。

日本人にとって発音が難しい英語の代表的なものに not at all というのがあります。単語自体はとても簡単なのですが、この発音はとても難しい。

で、ダメなカタカナ英語の場合は「ノット・アット・オール」なんて発音になるのですが、こんなの絶対にネイティブに通じませんから^^;

より自然には「ナラロー」とか「ネラロー」という感じになります。この感覚を捉えることが重要なんですね。そして、その感覚を捉えるのにカタカナ発音(表記)は意外と使えることが多いのです。

カタカナ英語表記に厳密なルールはありません。元々、すべてを厳密に表現することは出来ないのですから、自分自身がわかる書き方で表記すればそれでOKなのです。

リスニング・トレーニングをするとき、スクリプトに英語の発音を自分なりのカタカナ表記で記入してみて下さい。それが元になって、より自然な英語の発音を手に入れることが出来るようになるはずです^^

ぜひ試してみて下さい。

 

 

■ラインマスター毎日英語塾 受講生募集のお知らせです■

あなたも一緒に勉強してみませんか?とーっても楽しいですよ!^^

詳しくは…

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ