英会話に欠かせない話のネタの作り方のヒントを教えます

英会話の時、どうしても話すことが出てこなくて沈黙が続いてしまったり、何も話せずうつむいてしまったりすることは、日本人であれば誰でも経験しているでしょう。

しかし、中には日本人であっても、ペラペラペラペラと、よくもまぁ、そんなに話すことがあるなと感心する程英語を話す人がいます。

まぁ、そんな人は英語力も高いのでしょうが、よく会話を聞いていると、文法は間違いだらけですし、発音だってお世辞にも良いとは言えない…。それでも楽しそうにペラペラペラペラ~と笑いながら話を続けているんです。

で、今日はそんな日本人が陰でこっそりやっている英会話上達の秘訣を一つご紹介します。

それは…英会話のネタを常に複数準備している、ということです。いわゆる「話のネタ」ですね。お笑いの「ネタ」と言っても良いです。例えば、お笑い芸人はテレビで面白いことをペラペラと話しますが、それはあらかじめ「ネタ」として綿密に準備したものを話しているから、あれほど面白いことをサッと口に出来るわけです。

それと同じことで、英会話においてもペラペラペラペラと楽しい話をしたいのであれば、いくつかの「英会話のネタ」を準備しておくべきです。というか、そういう「ネタ」なく会話を進めることは、なかなか難しいものです。

特に英語を母国語としていない日本人であれば尚更、あらかじめいくつかネタを用意しておかなければネイティブ・スピーカーに太刀打ち出来るわけがありません。

そこで、どのように英会話のネタを準備しておくかという話になりますが、基本的には以下の三つを押さえておけば外国人との会話に困ることはありません:

1.時事ネタ

時事ネタというのは、最新のニュースや世界情勢、天気やスポーツ、エンターテイメント系の話題ですね。人は誰でも「新しい話」が大好きです。流行の話であれば、誰もが話したいですし、聞きたいですから会話も必然的に盛り上がるのです。

2.日本の文化・習慣・行事ネタ

日本という国は私たちが思っている以上に外国人にとっては未知の国、不思議の国なのです。その習慣や文化、歴史、伝統、行事等は外国人にとっては大きな興味・関心の対象となります。以前、日本人は初物を食べた時「西(だか東だか)」を向いて笑うんだと言ったら、それだけで1時間ぐらい会話が盛り上がりました^^;

3.環境問題ネタ

環境問題に関しても、外国人は非常に高い関心を示します。特に普段から知的意識の高い人(インテリタイプ)ほど環境問題に関心を示す人が多いですね。ただし、気を付けなくてはいけないのは環境問題ネタは政治的・イデオロギー的な論争に発展する可能性があります。

上記以外にも、人を笑わせることに快感を覚えるような「お笑い芸人」の素質がある人は、すすんで「笑い話のネタ」を用意して下さい。何でもそうですが、やはり会話は「楽しいもの」「笑えるもの」が一番盛り上がります。

さらに一歩進むと、下ネタ系が好きな外国人も多いです(特にアメリカ人^^;)まぁ、これは品性・品格を疑われる場合もありますので、ほどほどにすると良いでしょう。まぁ、でも確実にウケるネタではあります。

それ以外にも、あなたの「とっておきのネタ」があればそれを英語で準備しておくと良いです。こういうものを準備しておくかおかないかが、要するに英会話力を左右するということです。

もし、ネタに困ったら、ラインマスター毎日英語塾でご紹介しているラインをヒントに、話す内容を積極的に準備してみましょう:

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

 

■ ラインマスター毎日英語塾(2/7)タレコミ情報 ■

今日は火曜日ということで、YouTube動画よりイギリス人の英語音声を聴いて頂きました。最近、ラインマスターのおかげで聴き取れるようになりましたという感想をたくさん頂いています^^明日はTOEIC(R)対策の専門講座をお送りする予定です。

今日中に無料お試しにお申込み頂ければ明日からあなたも参加出来ますので、ぜひ一緒に勉強してみませんか?

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/


■ 編集後記

ブログに編集後記を書くの、久しぶりですね^^;

先週末に産まれたカクレクマノミの卵たちです!

kakure1 (1) kakure1 (2)

↑イソギンチャクの陰に… ↑拡大写真(トビッコみたい)

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年2月7日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ