英会話スクールや英会話教室で「得をする人」「損をする人」

このメルマガの読者には、英会話スクールとか英会話教室に通われている方がとても多いと思います。今日はそんな方のために、英会話スクールや英会話教室で「得をする人」「損をする人」のお話をします^^

英会話スクールや英会話教室に通っている人というのは当然ながら、今「英語を学んでいる人」がほとんどですよね。英語を習うために英会話スクールや教室に通っているわけです。

しかし、中には「完璧主義」や「負けず嫌い」の人も多く、少しでも間違えたら落ち込むとか、恥ずかしいとか、絶対に間違えたくないとか、完璧に話せないとイヤだか、そういう人もいるわけです。

先にハッキリしておきたいのは、英会話スクールも教室も「英語を完璧に話すために行く場所」ではなく、「英語を間違えるために行く場所」ですからね^^

そこでは思い切り英語を話して、思い切り間違えて、自分に足りないものが何なのかを明確に知ることが、言ってみればスクールや教室に行く、本来の目的なのです。

だから、英会話スクールや教室に通って伸びる人というのはバンバン間違えます。変な英語もドンドン口に出します^^ そして、英会話講師に「おかしいよ」「間違っているよ」と言われたら、トコトン質問して、より自然な英語表現を教えてもらいます。

まさに「転んでもタダで起きない」というのが、そういうこと。そうして、毎回の英会話のセッションでたくさんの「お土産」を貰ってこれる人が、英会話で一番得をする人です。こういう人は必ずペラペラになれます。

では、スクールや教室に通って損をする人とはどんな人でしょう?

もうおわかりですね^^

先にも話した通り、完璧に話そうするばかりになかなか思い切った会話が出来ず、或いは間違えるのが怖いばかりに講師の一方的な話をフンフンと頷きながら聞き続けるだけで授業が終わってしまうようなタイプの人です。

こういうタイプの人は「お土産」をもらってくることが出来ません。ただ、高いお金を払って講師の世間話を聞きに行っているだけなのです。それではあまりにもったいないですね。

もしあなたが英会話スクールや教室に通っているのであれば必ず「お土産」をもらって帰ってきましょう。「お土産」というのは、思い切り話して、思い切り間違えてその間違いをしっかりと訂正してもらい、その代わりにより自然でネイティブらしい表現を教えてもらうことです。

「転んでも決してタダで起きないこと」

これが、英会話スクール・教室を使い倒す大原則なのです。図々しく、厚かましく。日本人よ、ガンバレ^^

もちろん私のメール講座「毎日英語塾」も無料で7日間使い倒して下さいネ^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

 

■ ラインマスター毎日英語塾(1/31)タレコミ情報 ■

今日は火曜日ということで、YouTube動画の中から、日本人女性で英語がとても上手な方の英語音声を聴きました。口語で良く使うラインや発音のコツなどを勉強しました。明日はTOEIC(R)対策の専門講座をお送りする予定です^^

今日中に無料お試しにお申込み頂ければ明日からあなたも参加出来ますので、ぜひ一緒に勉強してみませんか?

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ