英語を学ぶために心地よい環境を作っていますか?

突然ですが、あなたは英語の勉強をしていて「楽しい」「嬉しい」「わくわくする」「心地良い」と感じていますか?この話、本当に大切な話なので、どうかしっかりと読んで頂きたいのです。

人間は、日々さまざまな活動をしています。朝起きてから学校や会社へ行ったり、または家事をしたり、それ以外にも趣味や習い事をしたり、子育てしたり、…それはそれは、さまざまな活動をしています。

英語の勉強というのも、その「活動」のうちの一つに入りますね。もちろん、英語が好きで、趣味として英語を勉強しているのであれば「楽しい」と感じられる方も多いことでしょう。

しかし、学校や会社で強要されて勉強している…という場合は「無理矢理」勉強しているわけで、多くの場合は「辛い」「面白くない」「面倒くさい」と感じられているかも知れません。

ただ、もしあなたがあまりにも「イヤだ」と思いながら英語の勉強を続けられているのであれば、なるべく早く状況を改善する必要があります。

なぜなら、人間は「イヤだ」と感じることを長く続けることは出来ないからです。また、「イヤだ」と感じている場合は、いくら努力したり、労力をかけたりしても結果につながらないことが多いからです。

で、ここで重要となるのが、この「イヤ」とか「心地よい」とかの感情ですね。これがとても重要なんです。人間が「心地よい」と感じた場合、そのパワーは「イヤ」と感じる時の何百倍も強くなります

簡単な例が「恋愛」です。あなたは誰か人を好きになったことがありますか?(ない、という人は英語の勉強の前に一度、恋愛をしてみて下さい^^)人を好きになると、もうその人と一緒にいたくて仕方がなくなりますね。一緒にいることが「心地良い」からです。

勿論、これは何も恋愛だけに限ったことではありません。あなたは「三度の飯」よりも好きなものがありますか?例えば、そのことを考えるだけで「わくわく」「ドキドキ」して何もかも放って身を捧げられるものがあれば、それを思い浮かべてみて下さい。

そして、それに関わっていられる時間が、すなわち「心地良い時間」=至福の瞬間というわけです。そんな時、人間はものすごい力を発揮することが出来るんですよ。

世の中の芸術作品とか、偉業とか、スポーツとか、他にも「本当に人間がこんなこと出来るのか?」と思えるようなすごいことがありますが、そんなのは皆、人間の「心地よさ」、つまり「わくわく感」を追及した結果、成し遂げられたものなのです。

いわば、人間の「情熱」ですね。「情熱」をかけられるのは、それが「心地よいから」です。「イヤだ」と感じるものには情熱を向けることが出来ません。

したがって、英語を身につけたいとお考えであれば、まずは自分が英語を勉強していて「心地よい」と思える環境を整えることが重要です。

それは、人によってさまざまですので、一概に言えないのですが、例えば自分に合った英会話教室やスクールを見つけるというのも一つの手ですね。自分に合った英会話の先生を見つけるのも良いでしょう。

その他、自分にあった勉強法を探したり、方法はいくらでも考えられますが、重要なのは、とにかく自分が心地よいと思える環境を作るということです

それが基盤となって、英語の勉強やトレーニングが楽しくなってくれば、相乗効果で英語力がグングン向上するはずです。これは本当にものすごい力、効果がありますから、ぜひ参考にして下さい^^

 

■ ラインマスター毎日英語塾(1/26)タレコミ情報 ■

今日はリーディングの日でしたので、アメリカのESL(留学生向け語学学校)でよく出される面白い英文を読んで頂きました。明日はライティングで、日本人が間違えやすい語法の話をする予定です^^ ↓↓↓

http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ