本当のボキャブラリーを身につけるために

今日は、英会話上達の話でいつも必ず話題にのぼる「語彙力」について
少しお話ししたいと思います。

語彙力、つまりボキャブラリーですが、これを身につけることについては
色々なことが言われています。

英会話というものはボキャブラリーが命だとか、英単語なんか二の次だとか、
まあ人によって様々な意見があるようです。

私としては、当然ボキャブラリーが豊富な方が会話がより弾むとは思い
ますが、敢えて言わせてもらうと、単語帳を片手に受験勉強のような覚え方
でボキャブラリーを増やしても、英会話ではあまり使えないことが多いと
思います。

ここが難しいんですよね。

当然、語彙力はあればある程良いんです。その方がより高度な会話が出来
ますし、会話のキャッチボールが弾むからです。

しかし、単語帳を片手にとか、連想記憶でとか、そういう方法で覚えた
単語というのは、実際の英会話でなかなか口に出てこない。

多くの日本人はボキャブラリーを増やせと言われると必ず本屋で単語集の
ようなものを買ってきて、それを片手にブツブツ、シコシコと一生懸命
単語を暗記するわけです。

もう完全に受験英語の影響ですよね。

それはそれで良いんです。試験勉強をやっているのであれば、ね。

それで英単語を一つでも多く覚えて、単語の問題を解き点数を稼ぐこと
が出来れば、それは正しいです。間違っていません。

ただし、実践の英会話においては、この方法でボキャブラリーを増やす
ことは出来ないんですね。

出来たとしても、なかなか実践の英会話でこのように覚えた単語をスラリと
口にすることは出来ないものです。

これは皆さんも経験でよくおわかりかと思います。

では、どのような覚え方が良いのでしょうか?

はい、ズバリお答えしますと「英会話の時に口からサラリと出てくる」単語
の覚え方が良いのです。

そのように口からスラリと出る単語というのは、脳の中でも覚える場所が
違うんです。考えなくても出てくるように覚えなくては意味がないわけです。

どうやったら語彙力を伸ばせますかと、よく聞かれるのですが、その答え
として、とにかく興味のあることを英文で読むと良いですよと、私はいつも
答えています。

これは私の経験から言えることなのですが、とにかく自分の興味があること
を英文で読むと、無理なく自然にボキャブラリーを増やすことが出来ます。

例えば私は古いシンセサイザーを集めるのが趣味の一つなのですが、日本
では高価なのでよく海外のサイトを見て回っています。こうやって一日中
英語のサイトを読んでいるだけでも語彙力が自然につくものなんですね。

その後に翻訳で英文を書く場合なんかに、海外のサイトで目にした表現や
単語なんかがサラッと頭に浮かんでくるわけです。

これは別にその単語を無理やり覚えようとしたわけではありませんよ。

あくまで自然に、興味のある分野の英文をたくさん読み漁るのです。
この時、マメな人は一つ一つ英単語を書き出して、リストや単語帳なんかを
作ってしまいがちですが、そんな丁寧なことしないで大丈夫です。

人間の頭はもっと高性能に出来ていますから、何度も何度も文章を読んでいる
うちに勝手に覚えてしまうんです。

そして、こういう方法、アプローチで覚えた単語というのは先ほど言った
脳内の「別の場所」に記憶されるんですね。

単語帳を片手にブツブツやって覚えた単語とは違う、英会話の時なんかに
スラリと無意識で言葉が口に出てくる魔法の場所に記憶されるんです。

これが、本当の意味で単語を身につけたってことなんですよ。

わかりますか~?

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ